PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

徒然期 車弄り編 VOLVO V40 その2

そんな事で、新しい愛車は「VOLVO V40 T4」になった訳ですが、選択に当たっては、私が信頼する二つの情報源の評価も参考にさせていただきました。

一つは、マガジンXの「ざ・総括。」です。(皆様ご存知ですか?)

広告を載せないことで有名なこの雑誌、そのためスポンサーに気兼ねすることなく新車を正直に滅多切りするレビューが面白く、昔から個人的に信頼をおいていました。ベンツやBMWだってボロクソですw。国産車は言うに及びませんw。この「ざ・総括。」の影響で、はるか昔に「初代プリメーラ」に乗ったりしていました(プリメーラ。ああ懐かしい。カミソリのような正確無比なハンドリング。良い車でしたw。足はちょっと硬かったw)

その「ざ・総括。」が2013年のカー・オブ・ザイヤー(COT)に選んだのが、この「V40」でした。ゴルフ7も高評価でしたが、まだゴルフ6に比べると熟成が足りないとのことでした。また、良い出来だけれど面白みも無いともされていました。

「ふーんVOLVOね~、自分には縁の無い世界だな~」と当時は関心が無かったのですが、もう一つの信頼できる情報源であるGe3の「120倶楽部」でも126pz以上でヤケクソみたいに良い、とされているではありませんか。(ゴルフ7やマツダアクセラも126pz以上の高評価です。スカイアクティブ以降のマツダは、軒並み倶楽部員です)

「ざ・総括。」の評価では、90年代は日産、2000年代はスバル、近年はマツダが5つ星評価が多いです。その時代のエンジニアリング技術に勢いのあるメーカーが的確に評価されていますねw。

興味深いことに「ざ・総括。」の評価と「120倶楽部」の評価は妙に符合するのです。車作りのプロの評価と「フーチ」の評価が一致するのは、今の私にとっては「さもありなん(w)」なのですが、実に面白いことだと思いますw。(詳しくは「120倶楽部」のサイトをご覧くださいw)

V40の二つの情報源の評価が一致し、「どうやらこれは本物みたいだな」とは思っていました。でもその頃はまだ車を乗り換える予定は無かったので、やはりスルーでしたがw。

ところがレガシィが故障し、今後増える一方であろう修理費や、ガソリン価格高騰の昨今リッター10キロという一昔前の燃費水準、最近のエコカーに比べると不利な税金などなど、これらを現実的に考えると、維持費全体では旧車と新車の差が少なくなってきていました。そんなことで、そろそろ買い替えの時期かな?と考えた際に、V40などの選択肢が急浮上してきた訳です。

話をチューンに戻しますw。

先々週の日曜日にV40が納車となったのですが、ファースト・インプレッションはというと、

「足が硬たい!!」でしたw。

荒れた路面ではガクガクと体が上下に揺さぶられます。サスがまったく動いていません!(そんな訳は無いのですが、感覚的にはですw)

「あれ~?試乗のときと違う。こんなに乗り心地硬かったっけ~?」と、ちょっとショックでしたw。

V40に乗っている方達のレビューを読むと、8000km程乗るとフリクションが減って滑らかな乗り心地になってくる(早い方で3000km)ようですが、そんなの何ヶ月も先のことです。

納車後一週間程は、弄る暇も無かったこともあって、そのままで乗っていましたが、体が揺さぶられるのがどうにも不快で、もう我慢できません。

当初はGe3のチューニングパーツを一週間程度の間隔で一つ一つ設置して、その変化をレビューするつもりだったのですが、いきなり、

「フルチューン」決行です!w

f:id:hkatahkata:20141013140725j:plain

エンジンカバーを外した状況。どこにも隙間がありませんw。みっちり詰まっていますw。と言うか、見慣れたエンジンルームと違う!w。何が何やら・・・w。

f:id:hkatahkata:20141018082314j:plain

1・先ずラジエターに「速瀬」を投入。「エ~?最近の車のリザーブタンクやラジエターキャップって樹脂製なの?・・・」確かに耐熱樹脂を使えば、こういうことも可能なんでしょうが、十数年の間に技術はここまで進歩していたのか・・・。最初はこれが何なのか分からんかったw。「速瀬」を入れると、エンジンの吹け上がりが「グァー」から「バヒュン!」になるんですよねw。

f:id:hkatahkata:20141018082620j:plain

 2・続いてエンジンオイルに「OILプラス」も投入。これの投入口は直ぐに分かりましたw。5000km程度で初回のOIL交換をしなければならないですし、エンジンパワーも不必要な程ありますので、ちょっともったいないのですが、イケイケの勢いで入れてしまいましたw。「大魔神」は初回のOIL交換後に入れてみたいと思っていますw。

f:id:hkatahkata:20141018082911j:plain

 3・フロントの左右のフレームに仮想マスダンパー「地球独楽・弐」を貼り付け。ガクブルの抑制に最も期待するアイテムですw。当初は車体の前後に貼り付けたのですが、FFということもあって、後輪側の地球独楽を外し、前輪側の左右のメインフレームに二つとも貼り付けてみましたw。後輪用にも入手しようかな~?

f:id:hkatahkata:20141018090949j:plain

4・バッテリーに「要石25クルマ用」を取り付け。初設置ですw。設置するスペースがどこにも無い!、と悩みましたが、写真のサブフレームの上のスペースに奇跡的に納まりましたw。設置はセメダインスーパーXによる接着です。静電気の超高速アースでダンパーのフリクション低減を狙います。(もちろん音質向上もw)

f:id:hkatahkata:20141018094704j:plain

5・ダイレクト・イグニッションに「Qミルフィーユ」を貼り付け。もともとエンジンフィールの改善は特に必要ないほど軽やかなのですが、これも勢いということでw

f:id:hkatahkata:20141018094852j:plain

 6・コネクター部に「もあれプラチナPLUS」を塗り塗り。バッテリーの端子や車体へのアース端子などにも塗っています。「もあれプラチナPLUS」を塗ると、オーディオの音質が良くなったり、エンジンの吹け上がりが良くなったりするんですが、アーシング効果で車体が硬くなるんだよな~。これ以上硬くなったら・・・といっても、いまさら手遅れですw。

f:id:hkatahkata:20141018095953j:plain

 7・フューエルパイプらしき配管に「雷智F3」を巻きました。流体の中のノイズ(マイナス情報w)を取り除きます。ガソリンの質が向上してパワフルになるそうです?(私は初設置ですw)オーナーズマニュアルは400ページもあるのですが、肝心の配管や配線の解説図が無いので、なんとなく、これかな~?と思う配管に巻きつけてみましたw。

f:id:hkatahkata:20141018093935j:plain

8・同じく電気配線に「雷智3・F」を巻きました。これはレガシィのときにもやっています。トルクが向上して、実に快適なエンジンフィールになりましたw。カーオーディオの音質も向上しますw。純正のカーオーディオは締まった低音が最初から出ていて、まあまあの音質なんですが、まだ音の艶や切れが物足りません。艶がでるといいなあ~。

f:id:hkatahkata:20141018165639j:plain

9・ボディーとホイールをGe3の「お掃除シモン石鹸」でクリーニング&コーティング。この石鹸スゴイ!w。一応ポリマー加工してもらってあるのですが、雨天に走行すると車体に汚れがついてしまいます。ところが、シモン石鹸でお掃除した後だと、汚れが付きません!!。ホイールも、一走りするとブレーキダストでかなり汚れてしまっていたのが、ダストが付きません!!。高い撥水効果もあります。なんだ?この石鹸は?w。

f:id:hkatahkata:20141018094009j:plain

10・一つ忘れていましたw。スタラットタワーバーの上に「茅蜩・鼓粒」をスーパーXで貼り付け。(例によって、写真のように固まるまでに何度かずり落ちましたw)ストラットタワーバーがノーマルの状態ですでに付いている?。あれ~?この車、やっぱりスポーツカーだったの?カタログにも書いてないし・・・ボンネットを開けるまで知りませんでしたw。これ以上足回りを補強してどうするんだ?という感じでしたが、「茅蜩・鼓粒」で乗り心地が良くなったという報告もありますので、とりあえず付けてみましたw。

以上、10種類(雷智3Fと雷智3・Fは同じことだから9種類かな?)のチューンを3時間ほどで処置しました。Ge3チューン、実に簡単ですw。

 

この後、「超結界」や「ニャー」さんを積んで、木曽谷の御嶽山まで慣らしのショートツーリング。(これまで入れると一気に12種類のチューンw。絶対に車が混乱していますw。「超結界」をレガシィに積んだときは、サスペンションの動きが良くなって、路面からのゴツゴツ感がコツコツ感に変わりました。他のチューニングパーツの働きも良くなるそうですw。「ニャー」さんはエンジンがパワフルになり、車が前へ前へと進む感じになりますw)

走り出してみると、おお!突き上げ感が見事に減っています!。サスペンションがようやく動くようになりました。さすがGe3アイテム!。それどころか、何か不思議な非日常感を感じます。車内の静粛性も高くなり、流れ去る風景が、まるで映画の世界に入り込んでしまったかのようです?。

不思議な高揚感を感じながら、木曽の開田高原にたどり着き、緩やかなコーナーが続く快適なコースに入ると、なんて気持ちの良いコーナーリング!。車が滑るようにスラロームしていきますw。それもかなりのハイアベレージで。

まだV40に慣れていないので、コーナーを攻め込んだりせず、かなり余裕を残して慎重に運転しているのですが、後ろの車がたちまち見えなくなりますw。コーナーリングにまったく不安感を感じません。かなりのスピードでも何事も無かったかのようにスーっと旋回していきます。これは気持ちよい!w。(あれ?そういった目的で購入した訳では無かったのですが・・・)

登坂車線のある坂道の途中の信号からの発進でも、隣の車が少しフライング気味に出て行った後に少しアクセルを踏んでみると、ドヒュン!と一気に追い抜いてしまいますw。(まあ、エンジンの吹けあがりはもともと良かったのですが、こんな加速はいままで経験したことがありません。あくまで私にとってはですがw。ちょっとアクセルが過敏過ぎw)

初のショートツーリング、非常に楽しかったですw。

この不思議な高揚感と現実感の無さは、車がトレーニングに入った為か、翌日には感じなくなってしまいましたが、また出てくると良いな~w。

現在、毎日乗り心地が少しずつ変化していくのを楽しんでいるところですw。まだまだ足が硬い!w。

 

以下、V40オーナー限定w。

V40の足の硬さに悩んでおられるオーナーの皆様。ここまで読んでいただいて有難うございました。最近、V40の乗り心地を改善する大変効果のあるチューンが見つかりました。是非、http://hkatahkata.hatenablog.com/entry/2015/09/22/133331 をご覧になってください。多分幸せになれますw。ただし、責任は取れませんw。