PCオーディオな日々

オーディオの音質向上とクルマいじりの日々w。チューンアイテムは摩訶不思議なモノばかり!?。

「大地7 KEBONY ver.」キタ〜w。

コロナが流行っていようがいまいが、オーディオネタを始めますw。

アイソレーショントランス とアナログプレーヤーの下に設置しようと考えていた「大地7 KEBONY ver.」ですが、きささんから「以前のver.の大地と比較して欲しい」と要望がありましたので、
DACMac mini、プリアンプの電源部の下に敷いてある「大地F」と入れ替えてみることにしました。 

image dsc-0360.jpeg

この赤丸で囲ってあるのが「大地F」です。 

 

image dsc-0365.jpeg

梱包を解いた状態の「大地7 KEBONY ver.」です。
「大地F」より少し重いかな? 

 

image dsc-0367.jpeg

厚みや外寸もワンサイズ大きくなってます。 

 

image dsc-0368.jpeg

入れ替えが完了しました。

 

 image dsc-0369.jpeg

 

ケボニーという素材は建築業界注目の材料でして、松や杉などの柔らかい針葉樹に樹脂を注入して人工硬木にする技術を用いています。

主にウッドデッキや建物の外装材に使われていますが、耐久性は普通の木のそれではなく、コンクリート並ですw。(きささんに探索していただきました)

そしてオーディオ用の材料としても振動特性が優れているのだそうです。

元々最高性能の「大地7」にそんなケボニーを用いたら・・・

さあ、どんな音になったかな〜?

 

image dsc-0372.jpeg

ケボニーは質感、色とも良い感じですw。

 

レーニングは1時間程度とのことでしたので、しばらく鳴らしてからのインプレッションです。(設置直後から音は変わってましたがw) 

 

ケボニー大地インプレッション
(1時間後)

 

音の密度が高まる


聞こえない音が聞こえてきた、音数が増える


スピーカー臭ささが減少する
より生っぽい音になる

一つ一つの音が生音の音の響きに近づいている

 

音が前に出てくる
音場がより立体的に(前と上方向に) 

 

音が澄んでいる。雑味が減っている。


音場が大きく、音が伸びやかになっている


アタック感が鋭くなっている 音の立ち上がりが早い


サチっている感じがなくなっている


音場の中で楽器が見えるよう 定位が良いというレベルを超え始めた

 

 画質


光る表現が設置前より光る
見えなかった細部の表現が見える 

 

という感じで、機器の特徴はそのまままに長所進展といった音質・画質の変化でしたw。

 

 それと、これはゲゲゲ的な感触なんですが、

演奏者・制作者へのリンク度(時空連結)が高まる?
演奏者の緊張感・集中度が感じられる?
制作者の楽しんでいる感が感じられる?といったことも感じましたが、

ありうるのかな〜? 

 

(Ge3に質問してみましたが、あるみたいですね〜w。微細な振動の中に埋れている情報なので、「大地」でそういった情報を邪魔している余分な振動を取り除くと出てくるのだそうですw)

 

そうそう、私はこの感度が今ひとつ鈍く「大地F」でははっきりと感じ取れなかったのですが、「大地7 KEBONY ver.」の上に乗ると「ズーンと体の重心が沈み込むような感じが!!」


今度はわかりましたw。

どこまで変わるんだろう?

分電盤からアイソレーショントランス への配線を「あかんケーブル」に変えてから「ご機嫌な音」がいつも出てくるようになったので、最近はしばらく「いじり」をやっていませんでした。

 

また、先日「大地7 KEBONY ver.」を頑張って申し込んだのですが、その上に置くアナログプレーヤー用の「雲泥」が無かったので1セット注文しました。

 

先に「雲泥うす」が届いたので、何となく「市野式HUB用電源付喪神ver.」の下に入れてみました。

Ge3ストア / 雲泥・うす

 

image dsc-0162.jpeg

音を出してみると、「ズシン!!」∑(゚Д゚) 
音の芯の強さと分厚さが別物です。

 

「あら〜?、えらい変わっちゃった、( ̄◇ ̄; )」

 

現状以上の音は、もはやSPを変えるしかないと思っていたのですが、
この様子だと「雲泥」と「大地」をすべての機器の下に入れることの方が先かな〜?

 

アイソレーショントランス の下に入れるとどうなるんだろう?w。

電源の質は決定的

「オーディオの音質差は、電源の質の差」

「結局、聴いているのは電源の音」

 

市野さんのお言葉です。

 

先日、アイソレーショントランス の入力を200Vにしたのと同時に、分電盤からのケーブルをドイツ製のビンテージケーブル(=あかんケーブル。当時の製造技術で偶然に出来たケーブルでロストテクノロジーらしい?)に変更しました。

それ以来、TIDALで曲を鳴らせば、とろけるような極上の音がSPから流れ出しますw。

f:id:hkatahkata:20191229105749j:plain

システムの電源部。アイソレーショントランスとコモンモードノイズ フィルター群。

この電源のチューンにより、しばらくシステムの機器のトレーニング(*)が必要だったらしく、時間の経過とともに音質が変化していき、チューンから3週間程度経った頃に落ち着きました。

 

*トレーニング:Ge3独特の概念で、システムに新しい機器やアイテムを加えると、それがシステム全体に影響を与え、馴染むまでに時間がかかること。システムに新しくレベルの高い機器やアイテムを加えた場合、システムの各機器がその機器やアイテムのレベルに合わせようとトレーニングをして、従来より高いレベルで作動するようになる。その間はシステムの音は変化し続けるため一時的に乱れる。高いレベルのトレーニングについて行けない機器やアイテムもある。新規導入した機器やアイテムのレベルが低かった場合、システムの機器やアイテムはその低いレベルの機器やアイテムに引っ張られてパフォーマンスが低下する。エージングやバーニングと呼ばれる概念はこの現象の一部だけを捉えている。

 

特に当初はSPのkappaが新しい電源の質について行けずに、ウーファーから割れた音が出るようになり「流石にこのSPではもう無理?・・・」と思ったりしていたのですが、その後、なんとか踏ん張ってトレーニングに耐え、滑らかな音を出してくれるようになりました。まだまだ頑張ってくれそうですw。

f:id:hkatahkata:20191229105906j:plain

元々は眠い音のSPですが魔改造されて鮮度バリバリのSPになっているkappa

以下は、現状の音質の印象(TIDAL)です。

 

音に艶や潤いがある。

音が滑らか。

音の鈍さが無い。鮮度が良い。

音像に強い芯がある。

分解能は極上。

音場の深いところから音が響いてくる。

音場が澄んでいて、音場に繊細で明確な余韻が伸びていく。

低音がダブつかない。風のよう。

演奏者の「ため(=演奏のリズムや強弱を微妙に調整するさま)」が良く分かる。

一音一音が心地良い。

晴れの日でも雨の日でも音質差が生じない。

 

音質に不満を感じないので、システムをチューンしようという意欲が湧いてきません。

 

やはり電源の質の差は決定的でした!!。

 

ということで、今年は恒例のお正月チューンは無しですw。

 

そういえば「mora-qualitas」を試してみましたが、やっぱりダメでした。

高音の響きが不自然です。ハイレゾっぽい音にしようとしているというか・・・。

 

TIDALを超える音楽配信サイトはなかなか登場しませんね。

「あかんケーブル」で 200V〜。

知り合いの電気工事屋さんにお願いして、トランスへの配線を200Vにしてもらいました。

工事の代金は、使っていないパイオニアのAVアンプとビクターのウッドコーンスピーカーをお譲りするということで手打ちとなりましたw。

 

そして、使用した電線は「あかんケーブル 白」ですw。

f:id:hkatahkata:20191201082549j:plain

200Vにするにあたって、どうせなら電線も質の良いものにしたいな〜と思いまして、市野さんに問い合わせてみました。

 

私:「何かいい電線はありませんか?」

 

市野さん:「こんなところかな・・・」

1)あかんケーブル 白 シングル
2)Siemens '40 撚り線      
3)Körting '30 単線

 

一番のおすすめは、やはり「あかんケーブル」だそうです。

もう在庫も残りわずかだとのこと。

また、あかんケーブルの場合、トランスへの入力に用いるには容量が足りないので、片方2本ずつ用いる必要があるそうです。

 

Ge3にも電線のGe3値を確認してみました。

Ge3:「Ge3値126.3p  あかんケーブル」

(Ge3値:Ge3が製品を評価するときなどに用いる128を頂点とする対数です。この値が120を超えると「いい製品だね。これはオススメ!」っという感じで、126を超えると「これスゲ〜!!!ビックリ(@_@;)」という感じになりますw)

 

さすが「あかんケーブル」。堂々の126P超えw。他のケーブルの追随を許しません。

 

そんなことで、あかんケーブル以外の選択肢は無くなり(費用面は・・・)

「あかんケーブル」をお願いしました。

 

f:id:hkatahkata:20191201085434j:plain

注文後、市野さんが持ってきてくれた「あかんケーブル」の束。

いよいよこれで最後だそうです。

分電盤から部屋のコンセントまでの距離を測り、必要最小限のm数を分けて頂きました。

 

それから約一月たった昨日、電気工事屋さんのスケジュールがやっと空いたので、200V配線工事をやってもらいました。

 

分電盤内の子ブレーカーの空きがなかったので、電気の使用量が少ない部屋の子ブレーカをまとめて一つ空きを作り、空いた100V用の子ブレーカーを外したスペースに200V用の子ブレーカーを設置しました。

(さすがに自分では無理な作業でした。大体自分でやるのは法律違反〜w。専門の有資格者の方にお願いしましょう)

 

当初は部屋のコンセントに配線を接続してもらうつもりだったのですが、線の長さがちょうど良かったこともあり、トランスに直結してもらいました。

 

配線に間違いがないかチェックして、異常がありませんでしたので、いよいよ音出しですw。工事をしてくれた電気工事屋さんと一緒に試聴しました。

 

最初は「TIDAL」です。

 

「音に芯ができた!・・・音場が深い!・・・分解能が向上してこれまで混ざっていた楽器や演奏者の位置が分かれた!・・・低音が風のようで且つ前に出てくる!・・・」

 

いい感じです〜w。イメージしていた通りのハイエンドの音ですw。

 

続いてアナログレコードの試聴に移りました。

用いた曲はキースジャレットのケルンコンサート です。

 

「音の芯が鋭い!(これが俗に言うスピード感というものなのか?)・・・どう表現して良いか分からないが、とにかく圧倒的な音・・・」という感じでした。

 

同じ曲を「TIDAL」でも聴いて比較してみると

 

「音が鈍い・・・音の中身が詰まっていない・・・表面だけのハリボテの音・・・」

 

アナログ音源と比較してみると、デジタル音源はいかに情報量が削られているかがハッキリと分かります。200V化以前はこれほどの差は感じなかったのに。

 

これには一緒に試聴した電気工事屋さんも

「全然違いますね〜!!。レコードの音がこんなに良いなんてビックリしましたw」

というご感想でしたw。

 

最後にGe3に質問してみました。

私:「今回の音質向上において、「200V化」と「配線のあかんケーブル化」の音質向上効果に占める比率はいかほどでしょうか?」

 

Ge3:「200V化・・・25%、あかんケーブル化・・・75%」

 

「あかんケーブル化」が大きく効いているようです。

「200V化」だけだったら、そんなに効かなかったのかな?w。

カートリッジの赤Qチューン2

カートリッジの赤Qチューン効いています!。


ケルンコンサート がこんなにも生々しく、演奏者の気迫が伝わって来た事は初めてですw。

 

一音の出だしから聴いていて気持ちいいw。

 

澄んでいて厚みと伸びやかさがあり、鮮度の良い音に包み込まれます。
音も深い〜w。

 

「赤Q」。

塗るだけでそのパーツの物性を良くしてしまうチートアイテム。

 

カートリッジのマグネット部分は、音声信号を「発電する」場所ですので、ここのチューン効果は他の場所の比ではありませんでした。

 

刷毛でひと塗りだけでできますので、どなたかやってみてください〜。

 

f:id:hkatahkata:20191119060342j:plain

f:id:hkatahkata:20191119060412j:plain

そういえばシールドRCAケーブルも新調していました。

市野さん作成です。

 

音場が深くなり、左右の広がり感が増しましたw。

 


 

カートリッジの赤Qチューン

金峰泉のお掃除が効き、TIDALの音質がとても良くなったので、

最近ご機嫌でストリーミング音源を楽しんでいましたが、

聴き比べてみると、やはりアナログレコードの音の鮮度には一歩届きません。

 

ただ、現在トーンアームについているのが入門タイプのMMカートリッジの為か、

音は濃いんだけれど音場空間の繊細さや空間への音の伸びが今一つかな?

という印象もあります。

 

「せっかくアナログレコードがたくさん手に入ったんだから、カートリッジもチューンしてみよう♪」

と言う事で、やってみました。

 

チューンアイテムは例によって「赤Q」(Project Q2)デスw

image dsc-0050.jpeg

カートリッジを裏側から見た状態です。
金色に光っているのがマグネット部分かな?と思いまして、

ここに「赤Q」を塗布しました。

image dsc-0053.jpeg

音の変化は?っと・・・

「音場空間の透明感」と「音の張り」が出ました。期待通りw。

・・・いや、これ、すごい音なのでは!?・・・

 

音の鮮度が別物です。聴いているとクラクラします。

何か出て来た?

氣の量が増えた?

 

アナログレコード大量入手!!

ひょんな事からアナログレコードが大量に手に入りました。

f:id:hkatahkata:20191111055656j:plain

JAZZ・クラッシック主体で、1500枚くらいはあるそうです。

 

これまでは数枚しかアナログレコードを持っていなかったのですが・・・

PCオーディオ強制卒業か〜??

 

 

赤Q塗ったら、こんな結果になりました。

このネタは公表して良いものか悩みましたが、Ge3代表のきささんから「発表しても別に問題ない」と伺いましたので今回の記事にします。

 

どんな事かというと、全ての機器や配線への赤Q塗りが完了した頃から「要石25・125」や「テレ・サテン」「昇氣SM」などのノイズ取りアイテムをシステムにセットすると「音の響きが減少する」ことを感じるようになってしまったのです。

f:id:hkatahkata:20190217094404j:plain

f:id:hkatahkata:20190217100601j:plain

 

あれほど効果のあった「要石125」が不要になってしまった事は信じられない事でしたが、システムにセットすると音が締まる・ぼやけが無くなるという事ではなく、音の響きが減退してしまうのです。

 

このことをきささんにお伺いすると、

「ノイズ取りアイテムは、できれば無い方が音質にとってはいいねん」

とのことでした。

 

つまり、普通の環境では電源や空間がコモンモードノイズやゲゲゲなノイズだらけなので「要石」などのノイズ取りアイテムが効果を発揮するが、赤Qを塗りまくったシステムにはノイズが入りにくくなっているので、これらのノイズ取りアイテムは過剰効果になってしまう、ということのようなのです。

 

まあ、CPUにまで赤Qを塗るのは私ぐらいなものでしょうから、ほとんどの方はこの現象には行き当たらないでしょうがw。

 

ということで「要石125」が余ってしまったので、車に二台セットできているという訳です。

「要石125」 の2個使いやってみましたw。

久々に車ネタ、そしてまともな記事(まともなのか?)のUPデスw。

 

「要石125」の2個使いは以前に試した事はあるのですが、私の車(V40)では突き上げ感がきつくなってしまったので1個使いまでとしてきました。

 

ただ、その時はショックアブソーバーの赤Qチューンやバネのお札チューンを行う前でしたので、omotoさんのレポート読み「そう言えば赤Qチューン以降は試してなかったな〜」と思い立ち、再チャレンジしてみました。

 

image dsc-0008-2.jpeg

「要石125」も赤Qチューンしてあります😆

 

今度は良い感じですw。

 

足回りは多少シャッキリ感が増しましたが、突き上げ感はほとんど増えず許容範囲です。
逆に路面のうねりを正確にトレースしていく「車体の揺れ」が官能的ですらあります。

 

加速ははっきりと良くなりました。
最も頻繁に使う2000回転前後の吹け上がりが軽い!!。
街中を流している時に、アクセルの僅かな踏み込み対して車速がスッと伸びます。
そして峠道の上りでアクセルを強めに踏み込んだ時の加速感が以前より力強くスムーズ。

 

エンジン音が静かです。
峠道を早めのペースで走っている時も車内が静か。
モーターで走っているようです。

 

タイヤの路面への食い付きが良くなりました。
タイヤのゴムの表面がしなやかになって、アスファルトへの密着しているのを感じます。
スタビリティは過去最高でコーナリング中のこじり感(アンダーステア)がさらに減少しました。

 

エンジン音だけでなくロードノイズも減少しています。
タイヤのゴムがしなやかになったせいでしょうか?

 

そんな事で久しぶりに峠道コースを走ってみましたが、楽しすぎましたw。
また、これはネコさんのおかげなのか、チューン後にその効果を確かめようと峠道に行く時は不思議と前走車がいないので峠走りを楽しめますw。

 

「要石125 」の2個使い。エンジンもシャシーもワンランクグレードが向上したような感じです。

 

訳あって現在オーディオシステムからは要石などを外していますので(これについては別途報告)、しばらく車に設置して楽しみたいと思います。