PCオーディオな日々

オーディオの音質向上とクルマいじりの日々w。チューンアイテムは摩訶不思議なモノばかり!?。

オーディオ鑑賞はチャネリング?!

最近、Ge3代表のきささんと話していて「SPからの音を聴くと、どこかに飛ぶ・リンクする」という話題になりました。

 

どういう意味かというと、オーディオシステムで音楽鑑賞している際、その音を聴いている人が演奏空間などにチャネリングしているらしい、ということなのです (@_@;)。

 

実に興味深く面白いテーマでしたので、詳しく探索していただきましたw。

その探索によると、

 

チャネリングできる人は全体の18%

 

・音の位相が正確に再生できるオーディオシステムがチャネリングしやすい

 

・音の位相の中にチャネリングの鍵がある

 

・音の位相は録音データにミキシングやイコライジングを行うと乱れてしまう

 

・古い録音はミキシングやイコライジングがされていないので、それによる音の位相の乱れが無く、チャネリングしやすい

 

・アナログ音源は元々の音の位相が再生できるが、デジタル音源は正確な位相が出ない。

 

・ステレオ音源はミキシングされているので音の位相が乱れている

 

・モノラル音源はミキシングされていないので音の位相が正確

 

コアなオーディオマニアが周波数特性の悪いモノラル再生に嵌っていくのは、モノラル再生には音の位相が正確な「古い録音・アナログ音源・モノラル音源」という条件が揃っており、よりチャネリングしやすいからw。つまりチャネリング感を楽しんでいるのだそうですw。

(これには、個人的にすごい説得力を感じましたw)

 

チャネリングする先は人によって異なり、作曲家に飛ぶ人、演奏者に飛ぶ人、演奏空間に飛ぶ人、楽器の構造に飛ぶ人、など様々

 

ちなみにGe3代表のきささんは、楽器に、それも楽器がどうやって音を出すかという構造にリンクしやすいそうですw。同じ意味で歌手の喉や顎の構造や、車だとエンジンやサスペンションの構造にも繋がるそうです。

 

私は?・・・あれ?聞きそびれた・・・(今度聞いてみますw)

 

今回のテーマとは別ですが、

・「音の立ち上がり、品位、周波数、位相など、人によって感度の高い項目が異なる。その為、人によって音質の好みは異なり、万人向けの音質は存在しない」

という話もありました。

 

自分のオーディオシステムの音質が最高と感じていても、他人にはピンとこないケースが生じがちなのは、このことが理由みたいです。

 

 

え〜、今回の話をまとめますと、オーディオマニアが「音質の良さを楽しむ」ってことは、「チャネリング感を楽しんでいる」っていうことみたいなのです!?w。

 

皆様どう思われますか?w。

 

 

「赤Q」その3

休日にkappaの赤Q塗りを進めてみました。

image photo-20181111-170843-3.jpeg

まずはトゥイーターから。(kappaにはトゥイーターが前後2つあります。これはSP裏面にあるトゥイーターです)

 

image photo-20181111-170843-4.jpeg
こうなりました。各ユニットへの内部配線や接続端子にも塗る事にしました。

 

image photo-20181111-170843-7.jpeg
正面側のトゥイーターです。

 

続いてミッドレンジユニットを塗ります。

image photo-20181111-170842-3.jpeg

 

image photo-20181111-170842-2.jpeg
このように配線とマグネット部分に塗ってみました。

 

次はミッドローユニットです。

image dsc-0010.jpeg
このユニットにはもともと青Qが塗ってありましたが、さらに赤Qを塗り重ねましたw。

 

最後にウーファーです。

image dsc-0015.jpeg
赤Qが終わりかけていましたので、マグネット部分と配線に塗装しました。

 

前回の処置で絶大な効果のあったネットワーク基盤へ増し塗りをしまして今回の処置終了です。

 

 

各ユニットへの赤Q塗りを終えるたびに音出しをして、音の変化を確かめながら進めていましたが、ツゥイーターだけの時は「少し音がシャンシャンするようになったかな?。

高音域の情報量は増えてるみたいだけど流石にこれでは音のバランスが悪い」といった感想でした。

 

ミッドレンジへの処置が終わると、中音域から高音域の音の質が明らかに向上していることがわかりました。
音に明瞭さと張りが出てきていますw。未処置の低音域が鈍く感じます。

 

ミッドローの処置後は、明瞭な音域が低音域まで伸びました。

ただ、やはりトレーニングの時間が少し必要なようで、各ユニットの音が今ひとつこなれておらず、バラバラに鳴っています。

 

最後にウーファーを塗ったわけですが、この時の処置の主な目的はウーファーへの赤Qと塗布というより、ネットワーク基盤への増し塗りでした。

 

全体の処置が完了し、いよいよ音出しです。

 

「・・・あんまり変わってないかな?・・・いや、かなり音が明瞭になってる!、音像の裏側に音が広がっていくのが分かる・・・」

何曲か聴いているうちにトレーニングが進み、音質が大きく変わっていくことを感じながら試聴を続けました。

 

1時間ほど経過した頃でしょうか、ライブ音源の曲がかかりました。

image screenshot-2018-11-11-18-55-24-701.jpeg

『!?、ライブ会場のざわめきが体を包み込んでる!!、会場の空気感が分かる!!、目の前で誰かが拍手をしている!!w。本当にライブ会場にいるみたいw」

 

演奏者のきぬ擦れや呼吸の音が聞こえてきそうなこれまで経験したことのないライブ感ですw。
各楽器やボーカルの音も濁りがなく澄みきっていますw。

こんなにSPで音が詰まっていたなんて・・・。


皆様、「赤Q」塗りましょうw。

「赤Q」その2

「赤Q」をネットワーク基盤に塗ったことによって、音が劇的に「濃く」なりました。

 

ギターの低音の弦のつま弾きが部屋の空気を揺らします。
ボーカルが目の前の空間にポッカリと浮かびます。
LIVE音源では録音空間の中に居るかのように音に包み込まれます。
音場はどこまでも澄んでいます。

 

これまでとは音の次元が変わってしまいました。
この音が欲しかった〜w。

 

ネットワーク基盤がボトルネックになっていて、音がそこで詰まっていたことを痛感します。


「ProjectQ2」私のシステム的には「要石125」以上の衝撃ですw。

 

赤Q初挑戦w

Ge3から伝説の摩訶不思議塗料「赤Q」が復刻しましたw。

それも旧製品に比べて300%パワーアップだそうです。

https://ge3.jp/news/13678

 

私がGe3で遊び始めた頃にはすでに販売中止になっていましたので、これまで赤Qで遊ぶことができなかったのですが、販売が再開されましたので、早速入手して塗ってみましたw。

 

最初に塗ったのは、車ではなくSPのネットワーク基盤です。
エンジン関係ではないので耐熱塗料である必要はないのですが、300%になったという「新赤Q」のQ効果に期待しての処置です。

 

image photo-20181104-212400-5.jpeg
これが、

image photo-20181104-212400-2.jpeg
こうなりましたw。

 

向かって左のSPを処理した後、試しに音出ししてみると左側の音場の音量が小さく聴こえる??
いえ、音像がキュッと締まっていたのでした。音の鮮度・スピード感が明らかに向上していますw。

 

「赤Q」のチューンを行なった左側の音場に比べると、未処置の右側の音場はぼやけて聴こえます。

 

右側のSPのネットワークにも「赤Q」を塗布し、改めて試聴です。

image screenshot-2018-11-04-21-13-50-138.jpeg
(TIDALにスーザンボイルがあったので、最近好んで聴いていますw。彼女の歌声を聴いてしまうと、他の女性ボーカルが演技臭く聴こえてしまいます)

 

なんて静かな音場!!。その静かな音場に音像が明瞭に力強く浮かび上がりますw。
ボーカルや各楽器の音が締まり、且つ音の密度やエネルギー感が高まっています。
聴いていて気持ちが良い「美味しい音」が出てきていますw。

 

処置後数時間経ちましたが、どんどん音質が良くなってきていますw。
どの曲を聴いても音の魅力度と生っぽさが大幅に増していて新鮮に聴こえるので試聴が止まりません。


Ge3で言うところの「飛び散る汗」を初めて実感したような気がしますw。

 

今回は「赤Q」初挑戦ということで、塗布範囲を多少控えめにしましたが、それでも素晴らしい効果でしたw。


「赤Q」スゴイですね〜w。この分だと、いろんなところが「赤く」なりそうですw。

(そういえば、何年か前にあちこちが黒くなったことがあったような・・・w)

 

次は内部配線なども塗ってみようと思いますw。

「V40の修理と代車達w」その2

早いもので、4回目の12ヶ月点検にV40を出しました。

 

1日で終わる予定でしたが、点検のついでに少し前から具合の悪かったUSB端子の修理もお願いしたところ、ディーラーから二日ほど預からせて欲しいと申し出があり、それを承諾すると会社の駐車場には久々の代車が置いてありました。

 

代車は、「VOLVO V40 T3」でした。

f:id:hkatahkata:20181014111153j:plain

VOLVO V40 T3 (モメンタム?)」

f:id:hkatahkata:20181014130430j:plain

f:id:hkatahkata:20181014130446j:plain

ヘッドライトはトールハンマー、グリルは縦格子タイプ、エンジンは1500CCターボ、トランスミッションはAT式と、私の乗っている2014年式とはだいぶ変わっています。足回りはツーリングサスペンションをさらに熟成したものだそうです。

 

「最新のVOLVO V40はどんな感じかな〜?」と思いながら走ってみると、流石にモデル末期ということもあって改良が進んでいましたw。

 

走行フィールは、乗り心地が良く静か。サスペンションは路面の凹凸をしなやかにこなし、上下方向の揺さぶられ感が大幅に減っています。

 

ワインディングでも車体はロールせず、挙動も安定していて、滑るようにコーナーをクリアして行きます。旋回時の挙動のバランスの良さは私のV40よりも上。よく躾けられています。

 

エンジンはターボの効かない低回転域では少しモッサリ感がありますが、少し回転数をあげれば充分な加速感を味わえます。そしてこの新型エンジンは急加速時でも静かで振動が増えることもありません。

 

トランスミッションもDTCからATに変更されていますので、DTCの弱点だった坂道でのアイドリングストップからの発進で後ろに下がってしまう、という現象がありません。

 

「これはだいぶ良くなっているな〜。Ge3チューンを何もしていない状態で、この走行性能とは・・・、私のこれまでの苦労はなんだったんだ〜!」と、少し人生の無情さを感じながら走っておりましたw。

 

ところが、発進してから十数分も経つと、車体に静電気が溜まってしまうのか(?)、乗り始めの心地良さが減衰し、少しガサツなフィーリングを感じ始めました。

 

とすれば、アレですw。「要石」の出番ですw

 

ということで、「代車なのにGe3チューン」やってしまいましたw。

 

f:id:hkatahkata:20181014130355j:plain

といっても要石125をUSB端子に接続しただけですw。

 

ああ、もう文句無いです!!。なんて素直に気持ち良く走るのでしょう。

エンジン音はに静かに、挙動はさらにしっとりと落ち着き、ロードノイズも減少しました。

 

「いいな〜これ欲しい〜。フルチューンするとどうなるんだろう〜??」

 

と、すっかり浮気心が湧いてしまいました。

 

そうこうしているうちに、愛車がメンテナンスから戻ってきました。

OIL交換では「mobile 1」と「DAIMAJIN」を入れ替えてもらいました。

(もうディーラーさんも、この変わった注文にすっかり慣れっ子ですw)

 

「そうは言っても私のV40だって悪くは無いはず」と思って比較試乗してみると、

エンジンフィールはT3よりも遥かにパワフルw。

OIL交換した為か、低速域からスポーツカーのような俊敏な加速をしますw。

 

3万キロはOIL交換不要という「mobile 1」と「DAIMAJIN」の組み合わせですが、やはり1万キロ程度でOIL交換した方が走行フィール的には良いみたいです。

 

乗り心地は、T3に比べるとやっぱりサスペンションが硬いですね。サスペンションが動かないので、少々上下への揺さぶられ感があります。

 

でも突き上げ感の角は、苦心のGe3チューンの甲斐あってか、すっかり取れています。

 

そしてコーナリングは、T3よりもワンランク速度域が上。相変わらずよく走ってくれますw。

 

でも、もともと私が欲しかったのはT3のようなバランスが良く快適な走行フィール。別に峠道を飛ばしたいわけではなかったのです・・・。

 

 

まあ、もう一年乗ればローンも終わるし、それまではもう少しイジって遊ぶことにしますw。

 

今度は、「OILプラス」の複数投入(3本)やってみますw。

「要石」再考

最近メインシステムからの出音がつまらなく感じるので「変だなぁ〜??」と思っていましたが、原因は「要石125」の接続先でしたw。

 

画質優先で「要石125」をMac miniに接続していましたが、「市野式プリアンプ」に接続先を変えてみたところ、音質が大激変w。(いや、本当に文字通り大激変w)

 

image photo-20180929-142643-3.jpeg

image photo-20180929-142643-2.jpeg
(この処置前は、市野式プリアンプには「要石25」を接続してました)

 

弦楽器が部屋の空気を揺さぶる、女性ボーカルが艶かしく歌う、3D感が増し余韻が立体的に広がる、音の密度が濃く芯がある、クリアで滲みが無く鮮度の良い音が空間から生まれ出て来る、何より、音の魅力度がスゴイ!!、一音一音に聴き惚れますw。


そして、小音量にしても音の魅力が低下しませんw。

 

この設定は以前にも試したはずなんですが、こんなに音良かったかな〜??。

そして、「要石125」と「要石25」とで、こんなに効果の差があるなんて・・・、改めて「要石125」の威力を実感しますw。

 

Ge3によると、「要石125 」は、何年か前にはすでに完成していたそうなんですが、「その効果を感じ取れるユーザーがいないだろう」という理由でお蔵入りしていたそうです。

 

最近になって発売しても良い状況になったという事で、新製品として世に出されたようです。(ユーザーの感度が上がった? あかんケーブルなどの補完アイテムが充実した?)

 

ともあれ、これで音質はもう大丈夫だろうと、「要石25」2台接続状態だったMac miniから、1台の「要石25」を外して4Kモニターに移設したところ、画質はクリアになりましたが、それだけのことで、

もう音が死んでしまいました( ̄◇ ̄; )。(すぐに戻しましたw)

 

このことから、Mac miniにも大量の「要石」が必要だということが分かりました。

やはりPCにはノイズ(=不要な電子)が多いみたいです。

 

何れにしても、「私が理想と感じる音質」の方向性がハッキリと見えたような気がしますw。(すごく良い音になったなどと騒いでいますが、経験不足のため、まだまだ理想の音を模索中なのです)


その理想の音が、システムにもう何台か「要石125」を設置すれば、実現できるかもなのデスw。

 

といっても「要石125」は少々お高い・・・。レンタルか、衝動買いか、お財布を睨みながら悩んでます〜w。

 

 

表題と文章がずれてしまいました。言いたかったのは以下のことですw。

 

私は「要石25」の効果があまり分からないタイプ(Ge3によると、人によって要石効果に対する感度の差があるとの事です)みたいなので、ノーマルの「要石」では「少し音が澄んだかな?」程度の印象しか無く、これまで「要石」については特に重要視してきませんでした。

 

ところが、「要石用あかんケーブル」が登場し、「要石25」+「あかんケーブル」の組み合わせによって、初めて「要石」の効果の大きさに驚き、そして現在は「要石125」の効果の凄まじさに驚愕すると同時に、「茅蜩・鼓粒」や「昇氣」そして「超結界機器用」によるチューンUPで、さらにその効果を大きく伸ばす「要石」の潜在能力の高さについても楽しませてもらっていますw。

 

ということで、いつの間にか私の中での「要石」の評価は、Ge3製品中で最上位にジャンプアップしていましたw。もはや「要石」無しではオーディオで遊べませんw。

 

「要石」。これさえあれば理想の音質が手に入りそうw。

実にありがたいアイテムですw。

「速瀬2」「要石25」「要石125」 その3

そんなことをしていると国道19号に出ました。
ここからしばらくは、ノンビリと木曽谷を南下して行きます。
滑らかで静かな走行フィールです。
このまま遠くまで走って行きたい気分になりましたw。

 

走りながら、「要石25(あかん)」から「要石125(あかん)」へ接続を変えてみました。

 

③「要石125(あかん)」接続時(カーオーディオの変化)

 

カーオーディオの音質が激変デス!!w。
ボーカルの位置がさらに上がり、先ほどまでの胸の位置から頭の位置まで上がってきました。
それまではツィーターが鳴っていなかったのかな〜?

 

それと、今までは無かった「音場」が感じられるようになりましたw。
左右の広がりと奥行き感があります。その音場の中で「音像」が定位しています。

音の響きも繊細できめ細やかw。美しく余韻が伸びますw。

 

「要石125を使えば、車の中でも充分オーディオ鑑賞できるな〜w」

と、いう感想でした。

 

国道19号から大滝村へ向かう道に入り、田舎道を御嶽山へと向かいました。
夏の滝行の時には訳あってこの道を9*キロぐらい(w)でぶっ飛ばしたのですが、
今回は60キロ程度で穏やかに走行しました。

 

要石125に変えてから、車体の動きはさらに俊敏に、かつ路面へのグリップ感が増していますw。
エンジンフィールは「速瀬2」によるパワフルさに、「要石125」の高周波感(?)が加わり、
パワフルでシルキーですw。

 

静かで、滑らかな乗り心地で、思い通りに車体が動き、おまけにカーオーディオの音質も良いw。
遅い先行車も無く、気持ちが良いコーナーが続く田舎道を快適に走行ました。
というか、60キロぐらいで走っても充分楽しいのデスw。

 

新車時には、ゆっくり走ると突き上げ感が不快で、飛ばして走る時以外はストレスがたまる車でしたが、
3年半の間、Ge3チューンで遊んでいるうちに、全速度域で楽しい全く別の車に変化していますw。

 

大滝村役場を過ぎ、ヒルクライムの開始です。今回は田の原の駐車場まで登りました。

先行車がいたので清滝で一服。シーズンが過ぎたのか連休中でも誰もいませんでした。

image photo-20180924-040223-3.jpeg
水量は滝行の時よりも多めに感じました。滝行のお礼をしてからヒルクライム再開です。

 

夏に走ったときに比べ、エンジンが明らかにパワフルになってます!!。
アクセルを踏み込まなくても急な坂道をグイグイと加速して行くので、ギヤダウンしません。
スピードメーターを見ると・・・(あら、三桁w)
これは「速瀬2」の効果かな?と思いました。

 

ヘアピンからの登りでは、以前は前輪が滑ってしまってスムーズに走れませんでしたが、
今回はタイヤが路面に密着して逃げません。
この現象は「要石125」の効果だと思いますw。

 

標高2000mを超えたあたりで、ノーマルモードからスポーツモードに変えてみました。
空気が薄くなっていることなど関係無いように、スムーズな加速をします。
昨年この辺りを走った時には、加速が鈍く、コーナーでタイヤはグリップせず、気持ち良く走れなかったのですが、今回は、まるで平地を走行しているかのように、ストレスの無い走行フィールでしたw。

image photo-20180924-040223.jpeg

そんなことでレビューを終わります。

 

「速瀬2」も「要石25」も「要石125」もそれぞれ素晴らしい効き目でしたw。

 

ただ、「要石125」は手持ちが1つしかないので、普段はオーディオシステムに繋げ、
ロングドライブの時に車に接続するという使い方をしようと思います。

 

「速瀬2」「要石25」「要石125」 その2

Ge3 のBBSにUPされる他の方のレビューを拝見しているうちに、私も「要石125」のレビューをもう一度しっかりとやってみたいと思いまして、  


①「速瀬2(5本)」のみ
②「要石25(あかん)」接続時
③「要石125(あかん)」接続時


の効果の差を比較しようと、昨日御嶽山ヒルクライムに行ってきましたw。

 

①「速瀬2(5本)」のみ (御嶽山へ行く途中にあるダム湖横のワインディングで試走)

 

車が重い・・・。
いや、エンジンはパワフルで静か。 
アクセルをそ〜っと踏まないとどこかに飛んで行ってしまいそう( ̄◇ ̄; )。
エンジンの回転フィールはやや荒い。
乗り心地は良い。

 

何を重いと感じるのか?・・・
ステアリングを切った際の車の動き方が重い。
ステアを動かすと、各所のゴム製品(ブッシュやタイヤかな?)が粘って元に戻そうとする。
反動を返す。
要は、ステアを切った際に、ゴム類が粘って車体の動きが一呼吸遅れるのです。

 

それを「車体の動きが重い」と感じていました。

 

カーオーディオの音質の変化も検証していました。音源はCDです。(ジャッキー・エヴァンコでした)
ボーカルの位置が低く、足元の方でボソボソと抜けが悪く荒い音が鳴っています。

 

②「要石25(あかん)」接続時

ダム湖管理棟の駐車場で一旦停車し、要石25(あかん)」を接続しました。

image photo-20180924-040223-5.jpeg

発車すると、

「車体が軽い!!w」

 

ステアを切った際の粘りや抵抗感がありません。
ステアを切った通りに、素直にタイムラグ無く車体が動き、
タイトコーナーが続くダム湖横のワインディングをスイスイと駆け抜けて行きますw。
エンジン音も低周波から高周波に変化してますw。

 

「これこれw。やっぱり気持ち良いなあ〜w」

と好感触でしたw。

 

ゴム製品の動きが変わったのかな〜?。シャキっとした?、理想的な動きになった?
シャシーやサスペンションなどの金属製品の動きにも影響している??。(私ではよく分かりませんw)

 

カーオーディオの音質にも変化が。
ボーカルの位置が足元から胸の位置辺りまで上がり、音質がきめ細やかになりました。
高音域が伸びてきました。この音質なら充分聴けますw。

 

 

「速瀬2」「要石25」「要石125」 その1

「速瀬2」のMAX投入レビューですw。

image photo-20180826-164611-5.jpeg

「多頭飼いキャンペーン」で3本入手しましたが、V40の「速瀬MAX」は3本とのこと。
元々私のV40には「速瀬2」を2本投入してありましたので、4本目・5本目は余分ということになりますが、

さてどうなるか?w。

 

3本目 エンジンがパワフルに、足回りのしなやかさが向上と、期待通りの変化デスw。
(要石のレビューで騒いでいた頃なので、報告しそびれてましたw)

 

4本目 家のことでバタバタしていてよくわからず・・・

 

5本目 明確に乗り心地が良くなりました! 高級セダンのようなしっとりとした乗り心地ですw。

エンジンも、さらに静かでパワフルにw。

 

「速瀬MAX」超えても効くじゃないですかw。

特に5本目投入後の変化量は大きかったです。Ge3製品特有の「奇数使用効果」かな?