PCオーディオな日々

オーディオの音質向上とクルマいじりの日々w。チューンアイテムは摩訶不思議なモノばかり!?。

V40へ「要石25」を追加接続w。その4

f:id:hkatahkata:20180814104003j:plain

(左側が「要石125」です。従来の「要石25」に比べると、1.5倍ほどの大きさです)

 

帰宅する際、ステラから「あかん要石」を外してV40に付け直しました。
シガーソケットへの抜き差しだけですので、とっても簡単ですw。

 

「要石125」+「要石25」の状態にして、いつもの峠道コースへ。

 

ン?・・・アレ?・・・何だ?、この路面への凄い密着感!!

タイトコーナーを攻めても、全くタイヤをこじる感じが無いぞ?
スイッと軽々とコーナリングしてしまう〜w。

 

タイヤのゴムが粘着性ゴムになったみたいでしたw。
車体の挙動もしなやか且つ安定していて、全く不安感を感じません。

 

エンジン音が静かです。
下り坂だとほとんど音がしません。
風切り音だけが遠くで聞こえています。

 

初日の印象とはまるで違います。

設置後二日目になって、本来の効果が出てきたみたいですw。

(Ge3のアイテムの中で要石は速攻で効く部類なのですが、トレーニングがやっぱり必要だったみたいです)

 

 

 

その後何日か「要石125」と「「要石25」の差を確かめていました。

結論は?

 

「要石125」凄すぎます〜!!

と、想定通りの結果でしたw。

 

とにかく、
加速の伸びや軽やかさが違う!

 

パーシャル状態からアクセルを軽く踏むだけで、スゥ〜っと車速が伸びます。

急な上り坂で、少し深めにアクセルを踏み込むと、今まで聞いたことの無いエンジン音が遠くで響き、瞬時にイケナイ速度域に達してしまいますw。

「変なエンジン音がしてる〜w」と思わず笑ってしまいました。

(いや、別に変な音では無いのですがw)

 


車の挙動の安定感が違う!

 

凹凸の多い路面で、これまでは車体が跳ねてグリップ感が抜ける感じがしていたセクションでも、車体の跳ねが収まり、しっとりとしたグリップ感と安定感を感じます。

「車体が跳ねない〜!!、サスの路面追従性がこれまでとは違う??」

 

それと「足が硬い・突き上げ感がひどい」問題は、完全に過去の話となりましたw。

誰?そんなこと言っていたのは?という感じで、荒れた路面をしなやかに駆け抜けますw。

 


コーナーでの路面への密着感が違う!

 

もともとこの車(V40)は通常の速度域ならアクセルのオン・オフだけでコーナーを曲がっていけるのですが、その傾向がかなり強くなっています。

 

「あ〜、コーナーが迫ってくる。いつもならこの辺りでブレーキを踏むんだけれど、その必要性を感じないな〜、車体がすごく安定しているし・・・、あれ?、結局ブレーキを踏まないままアクセルをオフにしただけでアッサリ曲がっちゃった!、それもかなり余裕があったぞ!?」

 

タイヤのゴムがしなやかに変形しながら路面に密着します。タイトコーナーを曲がる際にこじり感や無理やり感が一切ありません。ニュートラルステアで正確にハンドルを切っただけ回頭します。

 

これまでアンダーステアを感じていたコーナーを曲がる際も、いつもよりイン側にピタリと寄せられます。それも余裕しゃくしゃくでw。

 

 

これらの現象が生じる理由は、前々回に少し述べたのですが、

 

「コーナーリング時にタイヤやブッシュのゴムが変形すると、そこに静電気が生じ、その静電気がゴムの中で筋交い的な働きをするため、ゴムが硬直して理想的な動きを損ねる」

 

「要石を車の電気系統に接続すると、その「超高速アース」の特性により、タイヤなどのゴムに発生した変形による静電気が瞬時にアースされるので、ゴムのしなやかさが維持され、サスペンションの路面追従性やコーナーリング時のグリップ力の低下が抑制される=本来の性能が発揮される」

 

という現象が生じているらしいデスw。

 

世のエンジニアの皆様、よろしければ検証してくださいw。

(大阪◯スの研究所では、この現象の研究が行われているみたいですw)

 

 

それはともかく、車を運転していて、これほど「運転が楽」と感じたことは無かったと思います。

「要石25」X 2の状態でもかなり凄いのですが、「要石125」+「要石25」の状態に比べると「残念!!」な感じなのデスw。

 

その後、「要石125」単独でも「要石125」+「要石25」の時と変わらないフィールが得られる事が分かりましたので、V40には「要石125」を1つだけ設置しています。

 

交差点を右左折するだけで、車の挙動の心地良さを楽しめますw。

 

ということで、「要石125」は、カーチューンにおいて相当な優れものであることが実感できましたw。

 

ただしGe3によると、この「要石」の効果を感じられるのは18%の人に限られるのだとか・・・。「こんなに凄い変化があるのに、これを感じない人が8割以上〜??」

といつもの疑問が生じるのですが、私にはよく分からないことですw。

 

(「要石125」は近日中にGe3から正式発売されるようですw)

 

V40へ「要石25」を追加接続w。その3

「要石125」設置しました。

image photo-20180805-193133.jpeg

 

この状態で、いつものダム湖横のワインディングで試走しました。

 

??・・・!!。(←これが感想のまとめデスw)

 

特に変わったところは無いような・・・
まあ、安定しているよな・・・
コーナーのツッコミにエライ余裕があるな〜・・・

 

アレ!?、いつもより10㎞早い速度で走っているぞ〜??
それなのに、この余裕って、どういうこと?
これ「要石125」の効果〜??

 

image photo-20180805-193133-4.jpeg

「要石125」を外してみました。

 

ン〜??、なんだか車が重い〜、
車から伝わってくる波動が荒い?

 

image photo-20180805-193133-2.jpeg

「要石125」を戻しました。

 

車から伝わってくる波動の荒さが無くなった〜。
車の挙動が軽い〜。
余裕感が戻ってきた〜。

 

image photo-20180805-193133-3.jpeg

もう1つ「要石25」を接続しました。これで「要石175」状態ですw。
その差は?

 

よく分かりませんw。( ̄◇ ̄; )

 

限界まで攻めれば分かるのかな?

 

と、 「要石125」の設置直後はこんなインプレッションでしたw。

 

劇的というほどの変化では無かったのですが、この後コレが化けるんですw。

その様子は次回w。

 

 

おまけですw。

仕事で使っているスバル「ステラ」に「あかん要石125」を持ち込んでみました。

image photo-20180806-160512.jpeg
 
image photo-20180806-160512-3.jpeg

車の挙動が軽自動車のソレじゃ無い〜!!


なんて安定感。まるで車体の大きいミニバンのようですw。
車高が高くなったような感じがしますw。

 

エンジンもスムース且つパワフル&静か。
アクセルを少し多めに踏み込めば、ヒューンと軽いエンジン音を奏で、軽々と普通車を引き離しますw。
ヒルクライム出来そうですw。

 

それにしてもこの車(ステラ)には良く効くな〜。
V40にもこのくらい効いてくれれば良いのに・・・と思っていたのですが?w。

V40へ「要石25」を追加接続w。その2

「アカン要石25」(=要石25をあかんケーブルで接続する)を設置してから二日目になりました。

 

エンジンのパワーがモリモリと湧いてきましたw。
デュアルクラッチトランスミッション(DCT)が、「クィーン、クィーン、クィーン」と小気味好くシフトUPしていきます。「これは楽しい!」と、思わずアクセルを多めに踏んでしまいますw。


エンジン音の音質が「ガラガラ系」から「クィーン系」になりました。嬉しい変化デスw。

 

いつも通りに峠道を走っても「まだペースをあげられるなぁ〜」という余裕を感じます。(自重、自重w)

 

乗り心地が良いですw。しっとりとして、しなやか且つ強靭。ロードノイズも減少しました。この車の突き上げ感問題はどこにいった?w

 

ipod音源の音質が激変。これまでは「まあまあの音質で鳴ってくれているなあ〜」という感想だったのが、「! この音の響きがいいじゃんw。音場が立体的になり、そこに音が深く広く響いていく〜!!」と、「音の響きを楽しめる音質」のレベルになりましたw。当然、CD音源はさらにクオリティが上です。

 

「アカン要石25」の設置効果をまとめると、
エンジン・足回り・カーオーディオの音質のいずれにも良く効き、車の次元が変わってしまったのではないか?という感じですw。

 

 

ここで今更ながらの疑問が。

そもそも「要石」って何? 「超高速アース」って日本語??

 

Ge3代表のきささんに訪ねてみました。

 

「超高速アースという意味は、機器にアースを接続して、それをオシロスコープで計測していると、ゆっくりとノイズレベルが下がっていくのが観測できるんだけれど、「要石」を仮想アースとして機器に接続すると、一瞬でシュッとノイズが無くなってしまう。だから超高速アースw」

 

ということでした。

(この説明って初めて聞いたような気がします。古くからのGe3ユーザーはご存知なのかな?)

 

カニズムは禁則事項ですw。というか知りませんw。

でもコレ、「一瞬でアースできてしまう」なんて、とんでも無い現象なのでは??

 

タイヤのゴムに発生する静電気は瞬間的に処理できないと、ゴムが硬直して動きのタイムラグや違和感が生じるみたいですからね〜。

(あまり意味が分かってないまま書いてますw。でも実際にその通りなんです)

 

ともあれ、「アカン要石25」の設置には非常に満足しているところですが、本日Ge3から「最終兵器」が送られてきました。(筑波のイベントに登場したコレですw)

 

f:id:hkatahkata:20180813080254j:plain

 

まだこの先の世界があるんですか〜?w。

V40へ「要石25」を追加接続w。

久々の更新はクルマいじりですw。

 

Ge3で最近流行っているのが、車のシガーソケットに充電用のUSB端子をセットして、そこに「要石25」を接続するというチューン方法です。

 

これまでクルマへの「要石25」の」セットは、バッテリー端子に接続する方法しかなかったのですが、最近のクルマはバッテリー端子が露出していないため接続ができないというユーザーの意見があり、他の接続方法を検討した結果、シガーソケットやUSB端子が使えそうだということでした。

 

そこで、早速やってみましたw。

image photo-20180801-071128-3.jpeg
倶楽部員のUSB充電端子です。
 

image photo-20180801-071128-4.jpeg
V40のシガーソケットに差し込んで、「要石25」を2つ「あかんケーブル」で接続。
端子には「もあれプラチナPlus」を塗ってあります。

image photo-20180801-071128-2.jpeg
うまい具合にコントロールパネル裏のトレイに要石25の本体が2つ収まりましたw。

さて、どんな変化が・・・?

 

朝、取り付けた直後はあまり変化を感じなかったのですが、夕方に帰宅する頃には大きなフィーリングの変化が生じていました。

変化の傾向を一言で言うと、

「シルキー!!」

ですw。

 

エンジンの回転フィールが「滑らか且つパワフル、そして静か」w。ザラついた感じが無くなり、とっても「シルキー」なフィールですw。まるでモーターのようなトルク感と滑らかさ、絶品ですw。

 

そして、足回りや車体の挙動もこれまた「シルキー」w。
帰り道は峠コースにしたのですが、あいにくの夕立。前もよく見えない状況なので、あまり飛ばせませんでしたが、車体の挙動が安定しまくっているので、まったく不安感を感じません。しっとりとした路面への密着感を感じながら走っていました。回頭性やグリップ感、しなやかさが増しています。タイヤやブッシュなどの「ゴムの動き」が良く感じられるようになりましたw。

 

この車には以前バッテリーの端子に要石25を取り付け、その接続部に「アカンケーブルの芯線」を巻いてありますので、「アカン要石25」が合計3個設置してある状況に近いと思われます。

 

最近の車はエンジンルームに余分なスペースがありませんので、バッテリー端子に要石25を接続するのはなかなか苦労するところです。

それに比べて、車内にあるシガーソケットやUSB端子に「要石25」が接続できればグッと設置のハードルが下がりますねw。

 

これ効きますよ〜w。

フルレンジの音ってどんなだろう?

資格試験の勉強をサボってこんなの書いてますが、
バックグラウンドとして曲を流すのに、AH!の真空管がもったいないと思いまして、
47研の4737を引っ張り出してきて、2030のSP用端子に繋げて鳴らしてますw。

 

2030のリモコンで2ndZone(2030→AH!のパワーアンプ→kappa)と

メインZone(2030→4737)の切り替えができます。

(四苦八苦して操作方法を見つけました)

 

image photo-20180609-132253-2.jpeg
写真のようにポン置きで、Ge3チューンは何もしていません。
SPケーブルはアルミ線に「大黒アゲハ」を巻いたものです。
インシュレーターはオーディオテクニカ、SP台は公開版櫓です。


音質は・・・まあ、kappaとはチューンやセッティングのレベルに差がありすぎますので
単純に比べてはいけませんが、なんとか聴けます。オモチャっぽい音ですがw。

 

4737は入手当初に一週間ぐらいしか使っていませんでしたので、
これを機に、フルレンジの音質(位相が乱れない等)の特徴を自分なりに確認して行きたいなどと思っていました。

 

ところが、

 

スモールスピーカーだから、オモチャっぽい音しか出ないだろうと油断していたのですが、鳴らし続けていたらトレーニングが進んだらしく、スゴイ音が出始めてしまいましたw。

 

音の密度感やエネルギー感はkappaより上。
音像がピシッと締まっています。
音場も広がり、低音も充分なくらい出てくるようになりました。

 

何でしょう、何か「演奏者の熱気のようなもの」が伝わってきます。
これがフルレンジの音の特徴なのかな?(それとも4737の特性?)

 

聴いていて楽しいので、つい聴き入ってしまいます。

勉強にならない( ̄◇ ̄ ; )

 

この音でも不満無く暮らしていけそうですw。
AH!からのSPケーブルに接続したらどんな音が出るのかな?

 

(当然、続きますw)

 

勉強しないと( ̄◇ ̄;)

勉強しないといけないので、しばらく更新しません。

 

それでもオーディオシステムの音質は、今年になってからのチューンが功をそうして、充分満足できるレベルになってくれています。

 

締まった豊かな低音と、瑞々しく音離れの良い中高音。そして空間を飛びまわる音像とステージ感がよく出てきた澄み切った音場。

 

かなり自分の好みの音になってきてくれていますw。

 

私個人の理想の音質を128Pとすると、現在のシステムの音は123Pぐらいだそうです。

市野式プリアンプ導入で126P、さらに12連SP導入で127Pになるそうですw。

 

もう理想の音質の一歩手前w。どんな音なんだろう?

f:id:hkatahkata:20180520110636j:plain

TIDALで曲探しをするのが楽しいですw。レコードも良いのですが、自分はあまりに曲を知らなすぎるので、そこから修行ですw。

「So What」を最近初めて聴きました(爆)   

GW突入!w あかんチューン後日談

*前回の後日談です。ちょっと興味深い内容でしたのでUPしておきますw。

 

「あかんケーブル」はゴムの静電気の流れをスムーズにして「ゴムパーツの瞬間金縛り状態」の軽減に働いているのかな?と、個人的には想像していますw。

 

(とすると、「あかんケーブル」をSPユニットの端子に巻いたり、金糸線なんかに用いるとダンパー類がしなやかになって音の鮮度や音離れが良くなるかも??w)

 

* ↑ Ge3によると、クルマのゴムパーツには効くけどSPのゴムパーツには効かないそうです。というか、この世の音の規準では評価出来ないような世界に入ってしまう(!?)みたいデス(^◇^;)  

(文章を打っていて意味が分かりませんw)

 

また、「あかんケーブル」をリング状に加工して、車のバッテリーチューンのアイテムとして販売されてはどうですか?と提案したところ、

 

「その工夫がもうアカン!!」

 

「便利にすると、効果が出なくなる!!」

 

のだそうです・・・。

 

最近セミナーで良く話題に出る

 

「改良したつもりが改悪になっている」

 

という現象はこんな状況で生じているのですね・・・。

 

「良い工夫だと思って行ったことが性能を下げる結果になるなんて・・・

これは、誰でもこの現象の罠にはまるな〜、難しい〜」

 

と思いました。

 

Ge3では、この現象の事を「コネクリ」と呼んでいます。

単純にシンプルにできていたことを、余分な手間隙をかけてこねくり回すと

性能や質が落ちてしまう、という意味です。

 

「美味い料理」を作るための熱源の質を例に取りますと、

コークス>炭>ガス>IHという順序になるそうです。

 

IH調理器で鍋に熱を発生させるまでには、数回以上もエネルギーの状態を変化させなければなりません。

これがコネクリです。

便利なんですけれど、料理は美味しくなくなる、ということです。

 

また、名器の後継機種が例外無く性能が落ちてしまうのは、この「同じ性能をもっと簡単に安く作ろう」という「コネクリ=余分な工夫」が原因だそうです・・・( ̄◇ ̄;)。

 

要するに、初代のモノつくりが「これまでに無い優れた製品を生み出そう!」という想いで行なっていたのに、後継機種の制作の際には「前機種は良い製品だったけれど製造にムダな点もあるから、もっと無駄なく安く簡単に作ろう」という想いで作るためにその性能が落ちてしまうという事だそうです。

 

世の技術者の皆様お気をつけを(・ω・)ノ。

 

 

さ〜て、この連休ではGe3に教えていただいた、kappaのウーファー裏にユーミランを詰めるチューンを行う予定ですw。

(ミッドバスやスコーカー裏の筒にはすでにユーミランを詰めてAS化してあります)

 

現状のkappaの低音は、芯があってボリューミー且つパワフルと、かなり気に入っているのですが、まだ上の世界があるのかドキドキですw。

 

ナニナニ・・・

 

5センチ厚で50㌢X100㌢のユーミランをSPに詰めるべし。

Ge3式アコースティックサスペンション(AS)みたいに、ギュウギュウに詰めてはいけない。

ASにするとSPが耐えられずに壊れる。

 

だそうです。

 

何か、メッシュ状の袋がいるな〜・・・。

 

!!。安いメッシュの座布団買ってきて、中味を入れ替えればちょうど良さそうw。

4枚いるな〜。

 

VOLVO V40 あかんチューンwその3

少しUPが遅くなってしまいましたが、3月末に夏タイヤMichelin pilot sport Ⅲ タイヤQチューン済み)に履き替えました。

f:id:hkatahkata:20180318101252j:plain

(この写真の時は、まだスタッドレスですw)

 

昨年は夏タイヤに履き替えた途端、足回りがバタバタし、乗り心地が悪くなり、ロードノイズが増え、何よりコーナーでの挙動の変化に引っ掛かりがあって気持良くないなど、少々ゲンナリしてしまったので、


スタッドレスに比べて走行フィールが悪くなるんだろうな〜」

と少し覚悟していました。

 

*昨年の夏の滝行後は、私の仮想重量増加やGe3アイテムへの私からのエネルギー供給が増えたことで(らしいデスw)この現象は殆ど気にならないレベルまで改善してましたw。(意味分かんない書き方でスミマセン^^;)

 

夏タイヤへの履き替え直後は「流石に冬タイヤに比べると少し硬いな、でも思ったよりバタバタしない。まあ去年の秋レベルだから特に問題ないか」と言った感想でした。

 

ところが、履き替えてから二、三日経つと


「あれ?、エライしなやかだな〜?、スタッドレス並だぞ〜?、ロードノイズも少いし、これ夏タイヤだよな〜??」


と、走行フィールが大きく変わってきました。

 

試しに峠道を走ってみると、夏タイヤですのでグリップ力はもちろん向上しているのですが、冬タイヤの時のような挙動の変化のスムーズさ・気持ち良さがありますw。

 

V40の乗り心地改善について3年以上に渡りなんやかんやとやってきましたが、もう充分ですw。「しなやかで且つ踏ん張る」実に質の良い足回りになってくれましたw。ひとつひとつのクルマの挙動が気持ち良いのデスw。

 

この走行フィールは昨年までは感じられませんでしたので、
原因としては、やはり「あかんチューン」が考えられますw。

 

「あかんケーブル」はゴムの静電気の流れをスムーズにして「ゴムパーツの瞬間金縛り状態」の軽減に働いているのかな?と、個人的には想像していますw。

 

(とすると、「あかんケーブル」をSPユニットの端子に巻いたり、金糸線なんかに用いるとダンパー類がしなやかになって音の鮮度や音離れが良くなるかも??w)

いつか付喪神になる日まで・・・

先週の日曜日に2030のリモコンを変な触り方をしたせいで2030の設定がおかしくなってしまい、Mac miniを経由したTIDALなどの音声が2030から出なくなってしまいました

( ̄◇ ̄ ; )。

 

あれこれ復旧作業を試みましたが上手くいかず(セカンドゾーンへの音声出力機能を用いてAH!のパワーアンプを鳴らすなんて変な事してますので一旦設定が食うと訳が分かりません( ̄▽ ̄)


結局一週間音無しの日々を過ごすはめになりました。 (T_T)

 

本日、何とか音出しに成功しましたが、音無しの1週間はキツかった〜。
ホント、いかに普段オーディオシステムからの美しい音色に癒されてストレス解消できているかを身にしみて感じました。(久々に聴いたTIDALの音の美しいことw( ;∀;)  )

 

image img-3976.jpeg

再設定の最中、2030の設定画面が原因不明のノイズで乱れるようになっていました。
単に設定がおかしくなってしまっているだけではなさそうです・・・。

 

「だいぶ疲れてしまっているのかな〜?」「いじり過ぎたのが原因かな〜?」「ソニー・タイマー?」と、いろいろ心配になってしまいましたが「2030まだまだ頑張ってください〜」と祈りながら再設定を続け、何とか復旧できました。

 

何しろ取説に書いてない事が原因でしたので、復旧できたのはハッキリ言って偶然でした。

 

システムの復旧も終わり、自家焙煎の挽きたてのコーヒーを飲みながら、
遅ればせながらアマゾンプライムで「ハクメイとミコチ」を見てまったりしていると、
話題が「付喪神」w。

 

*「付喪神」 

長い間大事にされてきた道具が意識を持つようになったもの。

Ge3によると本当にあるそうです。

 

部品点数の多い道具、例えば「車」なども意識があるとのこと。

冷蔵庫や洗濯機は部品点数が少ないので意識は無く、

部品点数が少なくても「氣」を発する道具である「SP」や、

「氣」を生み出す道具である「カートリッジ」には意識があるそうです。

もちろん「真空管」にもw。

 

オーディオマニアにはお馴染みの、SPを新しい物に変える直前に

古いSPが突然良い音で鳴り出す現象は錯覚では無く、

まだ頑張れるよという古いSPの気持が理由みたいです・・・。

 

車に「調子いいね〜」と話しかけていると、車の調子が良くなることも

本当にあるそうです( ̄▽ ̄)

 

 

そんなことで、Ge3アイテムでチューンされまくりながらも、相変らずシステムの中枢で活躍を続けてくれている我が家の2030。


これからも大事にしていきたいと思います。(そんな事をしているうちに、いつの日か付喪神になるかもデスw)