PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

DN2030+AH!Prologue 6

先月勢いで入手してした「AH!」のアンプですが、資格試験の勉強などもあり、
一月以上横目で眺めながら過ごしていました。

 

試験も終わり、やっとイジれる状況になりましたので、
以前Ge3のBBSで紹介されていた「伝説の荒業」に挑戦してみましたw。
http://ge3.biz/modules/chaForum/?action=PostView&id=6664

 

ちなみにAH!のアンプですが、先輩のGe3ユーザーさんから譲っていただきました。
プリアンプのPrologue3が1台とパワーアンプPrologue6が2台です。

f:id:hkatahkata:20170729103600j:plain

パワー管EL34はAH!へOEM提供している Shuguang製の新品に変更、
パワー管以外はヴィンテージ真空管に替えられているとのことです。

 

なになに・・・

RCAケーブルの端をちょん切って2030のSP出力端子に直接つなげる?


RCAケーブルというと「SORA化した銀蛇RCAケーブル」があるけれど、これをいきなりちょん切るのか〜?

f:id:hkatahkata:20170729105433j:plain

 

さすがに失敗が恐ろしかったので、

MOGAMIRCAケーブルで練習してみることにしました。

何故か一方の端子がすでにちょん切られていますw

(当時、何をしたかったんだろう?)

f:id:hkatahkata:20170729105549j:plain

 

ホットとコールドに分けてハンダを染み込ませました。

f:id:hkatahkata:20170729150718j:plain

 

2030のSP端子に接続しました。
これでいいのかな〜?💦

f:id:hkatahkata:20170729162023j:plain

 

SPケーブルをAH!の端子に接続し直しました。

f:id:hkatahkata:20170729162047j:plain

 

AH!のアンプに火を入れて・・・
さて、どうなるか、ドキドキですw。

f:id:hkatahkata:20170730042932j:plain

 

鳴った!!。ヽ(*´∇`)ノ

f:id:hkatahkata:20170729162332j:plain

 

変則的な接続方法ですので、最初の音出しでAH!がボンッ!と煙を吹いて壊れてしまうのではないか💦と恐る恐るやってましたが、実際にはそんなこともなく、あっさりと音が出てくれましたw。

 

2030のVolumeですが、参照した投稿に記載されているとおり10ぐらいにすればもう充分な音量です。2030の通常のVolumeで30ぐらいの音量でしょうか?。
「へぇ〜、記事のとおりだ!面白い〜w」なんて喜んでましたw。

 

接続状況は写真の通り「完全なポン置き状態」です。
もあれも塗ってませんw。

さて出音は?・・・

 

「やった〜w。ハイエンドシステムの音だ〜wヽ(*´∇`)ノ」
(ハイエンドシステムの音と言っても、完全な主観的なモノですがw)

 

「パワフルで瞬発力・浸透力が強い音」
「瑞々しく艶っぽい音」
「分厚く、余韻が深い音」
というのが、第一印象でしたw。

 

SPがこれまでとは違う次元で歌っていますw。

ピアノのアタック感が倍増。
弦楽器の空気を震わす感じに、生音の瞬発力があります。

 

音が発せられる音像の中心から半径30センチ位の空間が、本当に生音みたい!です。
現状では30センチより広い範囲では通常のオーディオの音になってしまいますがw。

今後のチューンで、この生音空間が広がっていくのかな〜?なんて妄想してますw。