PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

(・∈∋・)★「RS-8Kappa」の改造

(・∈∋・)★「RS-8Kappa」のチューンを進めてみました。

今回のチューンは、

・各SPユニットへ「超結界機器用F1」を貼り付ける
・ミッドローとミッドレンジ用に仕切られた円筒の中へ「ユーミラン」詰め込み

の二点です。

 

f:id:hkatahkata:20170422204501j:plain

「丸繭」「天音」「茅蜩(初期)」「超結界機器用F1」が貼り付いてます。

もうスペースがありませんw。

 

ウーファー、ミッドロー、ミッドレンジ、ツィーターの4つのユニットに
「超結界機器用F1」を貼り付けました。

「竜巻5号」のトルネード空間内での「超結界系アイテム」の設置ですので、
Ge3に確認したところ「超結界機器用F1」であればOKでした。

当初は「竜巻5号」の単体を貼り付けようかなと思っていましたが、
Ge3いわく「ヤバイ。変なもん出てくる」とのことでしたので断念しました。


f:id:hkatahkata:20170422201118j:plain


ミッドレンジ用の円筒です。ここに白い化学繊維系の吸音材が詰められていました。
(? 元の仕様なのか、過去のチューンの際に詰められたものかは分かりません)

その吸音材を抜いて「ユーミラン」を詰め込みました。
「Ge3的アコースティックサスペンション」の効果を狙ってますので、ギューギュー
に詰めましたw。

f:id:hkatahkata:20170422200620j:plain


詰めている際に思ったのですが、「ユーミラン」って「さわり心地が良い」ですね。
それに比べて元に詰められていた吸音材の触り心地の悪いこと。

最近「素材のさわり心地と音質との間に、相関関係があるんじゃないかな?」
と思ってますが、どうなんでしょう?w。

一晩置いての出音は?

f:id:hkatahkata:20170423084624j:plain



ああ、「超結界機器用F1」の音ですw。
音が涼しげで芯があって爽やか。
音場も深くなりました。

 

ユーミランも良く効いたようで、ミッドローが受け持つ少し周波数が高めの低音が
締り、音圧とスピード感が上がりました。

 

鬼太鼓座」も良く鳴っています。太鼓の位置がより明確になりました。
これまで「太鼓の音がリアルかどうか」という観点でしか聴いていませんでしたが、
今回は「曲」として聴き込んでしまいました。

 

他の曲も、音の質そのものが変わってしまった感じで、新鮮に聴こえます。
情報量が増え、演奏者の衣擦れや息をする音が聴こえます。

ウ〜ン、これはかなり効いてくれてますw。


(・∈∋・)★かっぱ さん。まだまだ良くなりそうですw。