読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

初期セッティング完了

RS-8Kappa

「RS-8Kappa」の初期セッティングが終わりました。

f:id:hkatahkata:20170104072318j:plain

 

いや、このSP凄く良いですw。音像の定位とセパレーションは抜群だし、音場も広くて深い。音に張りがあり音像が手前にも出てくる。セパレーションが良いので各楽器の音が混ざらず聴き取れる情報量が多い。何より、豊かで締まった低音がブリブリ鳴るので一音一音が分厚く趣きがあります。楽曲を聴いていて楽しいです♪。ベースがブンブン唸っている中に澄んだ中高音が響いていますw。

 

ワタクシ的には初の4ウェイSP(ツィーターが2つもあるのでSPユニット自体は5つありますw)ですが、それだけ低音がブンブン鳴っていても、澄み切った歪感の無い中高音が出てくれるのは、SPの大きさ別に得意な周波数帯を割り振り、無理な帯域の音を各SPに出させないマルチウェイSPのメリットだと思いますw。

 

Ge3ではマルチウェイSPのネットワーク回路は音を鈍くするため、フルレンジ+サブウーファーが推奨されていますが、オーディオ初心者の私としては、今しばらくはマルチウェイSPの音を楽しみ、いずれフルレンジに移行したいと思っています。

 

さて、初期セッティングと言いましても、そこはそれ、すでに6種類のGe3チューンを施しています。

 

f:id:hkatahkata:20170104072335j:plain

① SPを「公開版大地」の上に設置

② 「竜巻5号」でSPをトルネード空間の中に入れる

③ 「兎棒」を吊るす

④ ウーファーに「黒アゲハ」貼り付け(前オーナーが設置)

f:id:hkatahkata:20170104074852j:plain

⑤ SP用「要石25」を設置

*各アイテムの効果はこちらをご参照ください。

Ge3ストア / オーディオ

 

と、5種類の基本チューンを行いましたが、まだまだSPがトレーニング中(*)ということもあるのでしょう、今ひとつ音に魅力がありません。

*Ge3用語です。詳しくはこちら

トレーニング期間と機器のストレス – Ge3

 

 

そこで6種類目のチューン、SPエッジへの「もあれプラチナPLUS」塗りをしてみました。

f:id:hkatahkata:20170103090942j:plain

ウーファーのエッジに塗ります。

f:id:hkatahkata:20170103091224j:plain

ミッドローユニットのエッジにも塗ります。

 

この段階で試しに音を出してみると・・・

はい、瑞々しく潤った音になりましたw。音が艶々ですw。

 

やっぱり「もあれプラチナPLUS」は良く効きますw。

 

f:id:hkatahkata:20170103091429j:plain

もう、ミッドレンジはエッジだけでなく全面に塗布。

f:id:hkatahkata:20170103104828j:plain

結局、ウーファーやミッドローのコーン表面にも「もあれプラチナPLUS」を全面塗布しました。(ツイーターはさすがに壊れそうなので塗りませんでしたw)

 

音を出してみると、はい、素晴らしい音w。

 

これで初期セッティングはひとまず終了。

2週間ほどトレーニングが進むのを待つつもりです。