PCオーディオな日々

オーディオアクセサリーで音なんて変わるのか?・・・変わった!!Σ( ̄ロ ̄lll)  ということをやっているブログですw

ちょっとずつ更新 4

DS-66EXのスコーカーとツィーターにGe3の「琴引」を貼り付けてみました。

f:id:hkatahkata:20160321171906j:plain

先ずはスコーカードーム部に「琴引」を貼り付け。カバーの網は取っちゃいました。

 

ge3.jp

<音質の変化メモ>

中高音の音場が締まる。音場の広がり的には少しさみしい。聴こえなかった微細音は聴こえるようになる。中高音の音像に芯ができる。

ちょっと貼り過ぎてしまったようで、音像は締まったのですが、中高音の伸びやかさが無くなってしまいました。

f:id:hkatahkata:20160321171949j:plain

次にツィーターです。ガードを外して「琴引」を貼ってみました。

<音質の変化メモ>

音が艶めかしくなった。聴きやすい。高音域の品が向上した。魅惑的な音。中高音の音場が広がりが元に戻った。

 

f:id:hkatahkata:20160321172003j:plain

最終的にはこんなことになりました。

スコーカーの「琴引」は最小限にして「黒アゲハ」を半分に切ったものを4枚貼りました。

 

<音質の変化メモ>

チューン前の音質は、伸びやかで明るい音、でも少し雑みや歪のある響きでした。音像もぼやけていました。

チューン後は、音像が締まり、中高音に艶と品が出て聴きやすくなりました。

しかし、音の伸びは少し減少。

 

<まとめ>

ウーファーは大量に貼っても悪影響はありませんでしたが、スコーカーとツィーターは貼り過ぎると雑味の減少と引き換えに、音が死んでしまう傾向がありました。

バランスが難しかったです。

 

次回は、怒涛の一気チューンですw。