PCオーディオな日々

高級品を買い揃えるお金が無いので、チューンアイテムでなんとかしようと企んだところ、そこは摩訶不思議な世界だったのですw。

号外その3 SiemensEurodyn&Voigt Domestic Horn試聴記2

続きです。

続いて「Voigt Domestic Horn」の試聴に入りました。

「ヴォイド? 何ですかそれは?」 もいいところでしたがw、

詳しくは下記のサイトをご参照ください。

Vintage Vanguard Room1

これも古い励磁型のSPです、こちらは当初からモノラル再生用です。

f:id:hkatahkata:20150208160148j:plain

「イダ・ヘンデル」という往年のバイオリンの名手のレコードがかかりました。

なにこれ? 完全に目の前での生演奏です \(◎o◎)/! 

聞き惚れていましたので動画撮り忘れましたw。別の曲ですがUPしておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=_1UUxRSp2Kk

内部構造です。やっぱりGe3アイテムでフルチューンされていました。

https://www.youtube.com/watch?v=hH04IqPpTyw

それにしても、このイダ・ヘンデルという方、演奏が上手いですね~。クラッシックはほとんど素人の私でも、他の演奏者との違いが分かります。

(CD買っちゃいましたw)

ヴォイドは、とにかく中音域が素晴らしい。バイオリンの独奏などは絶品です。

立体感も強く、もうステレオ再生など必要ないと本気で思いました。

しばらくして、オーナーさんがオイロダインに貼ってあった地球独楽・弐をペリっと剥がし、ヴォイドのホーンの内側に貼ったのですが、面白いですね~、とたんに音場が澄み、聴き慣れたGe3の音になってしまいましたw。

そんなことで試聴会も終わったのですが、先週から励磁型SPの試聴2連発です。それも最新の励磁型から初期の励磁型まで聴いています。これってものすごく貴重な体験なのではw。

励磁型SP欲しいなぁ~。

などと考えていましたが、灯台下暗し。なんと地元にスゴイ方がいた!?ということで、号外がまだ続きそうですw。