PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

徒然期 車弄り編 VOLVO V40 その3

怒涛のフルチューンをV40に施してから一週間が経ちましたw。

日によって印象が異なるのですが、次第に足回りがしなやかになってきている印象です。(カーオーディオの音質も、艶と音の芯や立体感が出てくるようになりましたw)

ですが、波打った路面などで体が揺さぶられる感がまだまだ気になります。そこで、Ge3からのアドバイスに従って、「地球独楽・弐」を前方に二つとも取り付けていたのを、前後一個ずつに変えてみることにしました。

f:id:hkatahkata:20141025083349j:plain

ボンネットを開けたところです。最近の車は支柱で支えなくても良いのですね・・・。エアーダンパー(?)でボンネットが自立してくれます。

f:id:hkatahkata:20141025083437j:plain

ストラットタワーバーと「茅蜩・鼓粒」。ちゃんと貼り付いていますw。

f:id:hkatahkata:20141025114741j:plain

一つの「地球独楽・弐」をサブフレームの上に移しました。「要石25」と仲良く並んでいますw。車体のセンターからは外れた位置ですが、効果に対する影響はあまり無いそうですw。

f:id:hkatahkata:20141025084406j:plain

もう一つの「地球独楽・弐」は後部のトランクルームに移しました。叩いてみて最も強度のありそうな箇所に貼り付けてみました。

 

さて、それでは試乗ですw。

うん?「地球独楽・弐」独特の「路面を滑空する感じ」が出てきた?

コツコツ感がほとんど感じられません。滑らかな路面ではまるで滑っているようにしっとりとした乗り心地です。

 

もう少し走ってみます。

あれ!?足がバタバタしない!

路面が荒れて大きなギャップのある場所にに差し掛かり、激しい衝撃を覚悟していると、何のことも無く走り抜けていきます。車体のぶれもありません。サスが良く動いているのが分かります。

 

苦手の路面が細かく波打っている箇所に差し掛かりました・・・。

治った!!!w。

(故障しているわけでは無いので、治ったは変ですがw)

それなりにショックはあるのですが、それが不快感を感じない振動に変わりましたw。当たりもかなり低減されマイルドですw。

 

「地球独楽・弐」の働きは、「制振」では無く「調振」とのことです。つまり振動のエネルギーを吸収したり、抑えるのでは無く、「振動の周波数を変えてしまう」のだそうです。(ギターの弦を抑える位置を変えるのと音の高さが変わるのと同じw)

その効果が見事に現れました!w。

これはいい!!

コンビニでコーヒーを買って、近くの峠道へ走りに行ってみました。

なんだかドキドキしますw。

フルチューン直後に感じた、あの「不思議な高揚感」が戻ってきましたw。

コーナーが迫ってきても、ブレーキを踏む必要性を感じません。アクセルを抜きステアリングを軽く回すだけで気持ち良いヨーが立ち上がり、スムーズに車が曲がっていきますw。

このあたりは、どこまでが車体の性能によるもので、どれがGe3のチューンによるものなのかが分かりません。sa3.0と時と同じように、私はV40の素の性能がやっぱり分からないのです(爆)車体の剛性が国産車や前に乗っていたレガシィとは雲泥の差だということぐらいは分かりますがw。

 

調子に乗って、もう少し遠くの峠まで行ってみました。エンジンも実に快調。1600回転あたりから、坂道を加速していけれるだけのトルクが出ていますw。コーナーが連続している区間はやはり気持ちよいw。まだ車に慣れていないので、加重移動がギクシャクしますが(というか、普通の速度では加重移動の必要性を感じませんw。何もしなくても車が曲がっていってしまいますw)

燃費は普通に流している分には15km/ℓ前後はいきます。60キロ定速のときのエンジンの回転数は1300回転程度。加速感を楽しんだりすると10km/ℓを切りそうですw。車体の総重量は約1.7tとレガシィとほとんど変わりませんが、エンジン制御の技術の進歩で大分エコになっていますw。購入前は気付いていませんでしたが、回生ブレーキも付いていましたw。(減速時に少し違和感があったはこのせいか~)

f:id:hkatahkata:20141025143512j:plain

標高の高いところでは、すでに紅葉が見ごろとなっていましたw。

f:id:hkatahkata:20141025143208j:plain

ダム湖に幻想的に寄り添う秋の木々。

f:id:hkatahkata:20141025144233j:plain

これは見事!w。思わず見とれてしまいますw。

f:id:hkatahkata:20141025144941j:plain

地元に帰ってきました。伊那谷が一望できるルートですw。正面に見えているのは南アルプス連邦。もう一月もすると雪で白くなりますw。

 

そんな訳で、「地球独楽・弐」の再設置で乗り心地が劇的に改善しましたw。しなやか且つ踏ん張るネコ足ですw。これなら人に自慢できるw。(いや、やっと人が乗せれるw)

とりあえず、満足できる状態になりましたので、しばらくこのまま様子を見てみることにします。(あっ!、今日は「超結界」を乗せていなかった・・・もっと良くなるのか?w)

 

PS.超結界を載せた状態でのGe3値を計測してもらったところ、127.9pzと素の126.3から1.4pz向上していましたw。あんまりGe3値が高くなると、無意識に飛ばしたくなるそうですので、気を付けなければw。でもいつか超結界5を乗せて133pzの世界も味わってみたいですw。

このGe3値の伸び率の高さ、潜在能力の高さもV40を選んだ理由の一つですw。ゴルフ7は128.5pz止まり。超高力鋼を多用したハイテクさはゴルフ7の方が上ですが、ギリギリまで薄く軽量化してあるのでもう余裕が無いのかも?。それに対し、超高力鋼を部分的にしか用いず、それ以外は厚い鋼鈑を用いて素朴に且つ頑丈に構成されたV40のシャシーの方がGe3値向上の余裕が残っているのかな?と個人的には思っていますw。