読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

摩訶不思議期 16

 「大地」「櫓」そして「雲泥2」その2の3と緊急PC弄りw(追記しましたw)

 ようやく「雲泥2」のレビューにたどり着けそうですw。

f:id:hkatahkata:20140427073353j:plain

「雲泥2」(実はこのときの櫓は製作途中でして、3本の柱は、繋ぎ材の無い素立ちの状態ですw)

 Ge3のインシュレーターは最初に「礎」を導入しました。それまでオーディオテクニカのAT6099を使用していたのですが、「礎」に変えたところ、音がクリアに澄み渡り、音場も大きく広がり、その変化の大きさに驚きました。これまで聴いていた音とは次元が違う領域に入った!と、背筋がゾクッとしました。AT6099も良いインシュレーターなのですが、「礎」とはかなりの性能差がありました。

 その頃Ge3のサイトを読んでいると、時々「雲泥」という言葉が出来てくることが気になっていました。そこで「雲泥」とはなんぞ?と調べてみると、過去に販売終了となった、幻とされているインシュレーターであることを知りました。そして、その「雲泥」の性能は「礎」をはるかに凌駕していた、とのことでした。

 最近その「雲泥」の後継として「雲泥2」が発売され、私も早速入手したわけですが、実は今年の1月にGe3の事務所にお邪魔したときに「これが雲泥2の焼き物だよ」とその姿を見せてもらっていました。

 そのときは、「雲泥」がどれだけ優れたインシュレーターだったのかということや、多くの方が「雲泥2」の発売を心待ちにしている、ということを知りませんでしたので(当然、倍返しキャンペーンのことなど、知るはずもありません。ああ、うらやましいw)、「ふーん、緑色が綺麗だな・・」と、たいして興味を感じませんでした(爆)。

 その「雲泥2」が届いたのは、ちょうど公開版の「大地」や「櫓」を製作して試している頃でした。1作目の「大地」の上に製作途中の「櫓」(3本の柱が素立ちの状態w)を乗せ、その上に「雲泥2」をセットし、805Dを乗せて音を出してみました。以下、BBSにUPしたそのときの感想です。

「雲泥2」届きました。
早速、SP下の礎を「雲泥2」に差し替えて音を出してみました。
最初はちょっと音が引っ込んだ感じがしましたが、5分、10分と経つ内に
どんどん音質が変化していきました。
先ず低音が豊かになり始め、次いで中高音の華やかさ・クリアさがすごい勢いで増して行きます。
30分も経った頃には激変していました。
ジャッキー・エヴァンコの頭の形・大きさが分かりますw。
「礎」では出なかった音が聴こえて来ます。
なんという情報量の多さ!
音の伸びやかさもはるかに違います。
スゴイ!スゴイ!と言いながら、書き込んでいますw。
どこまで変わるんだろう?

 ということで、「雲泥2」の効果は、ものすごいものでした!。

「礎」との音質の差で、先ず気が付いたのが低音の豊かさでした。それもまったくボアつかないクリアで風のような低音です。

 中高音は雑味がまったく消え、フォーカスがピシッと合ったシャープで華やかな音になりました。BBSへの投稿に、ジャッキー・エヴァンコの頭の形・大きさが分かりますw、とありますが、より正確に表現すると、頭の大きさの音像が空間に、ポッと丸く浮かぶのですw。これには少し驚きましたw。

 「雲泥2」のトレーニング(音質の変化が終了するまでの期間)には3日ほどかかるとのことでしたが、その頃は製作した大地や櫓をとっかえひっかえしていましたので、大地や櫓のトレーニング期間と重なるのと同時に、「雲泥2」のトレーニングもやり直し(必要な時間は次第に短くなるそうです)になってしまい、最近ようやく音の変化が落ち着いてきたところですw。

 ところが、音質はというと、非常にクリアで情報量が多く、リアルな音になったのですが、何故か気持ち良く感じないので、おかしいなあ?と思っていました。音が出たいのに出れないでいる感じです。

 何が原因なんだろう?と、この休みを使っていろいろと弄っていましたが、本日その原因が分かりました。原因はPCでした。(自分のシステムの最大のボトルネックの存在をすっかり忘れていましたw)

 PCに覆い被せてあるFMシート(最近また使っていますw)に手が触れてFMシートの位置が少し変わった際に、急に音の抜けが良くなったことを感じ、もしかして、これはPCのノイズ(電磁波)がまだ悪さをしているのではないかと思いました。

 PCにはテレサテンを上下に配置し、尚且つFMシートを3枚も覆い被せていたので、電磁波対策はもう充分だと思っていましたが、FMシートが少しずれただけで、これほど音が変わるところをみると、まだかなりの量の電磁波が放射されているようです。

 そこで、PCをテレサテンとFMシートで隙間無く覆い、電磁波を外に出さないようにしてみようと考えました。

 先ず、テレサテンをPCの左右の側板(取り外し可能です)の内部に貼り付け、上下ではなく左右のサンドイッチ構成にしてみました。PCの基盤は垂直に取り付けられていますので、これでテレサテンが基盤に対し平行に配置されることになります。考えてみれば、この配置の方がより基盤に近い位置になるため、電磁波吸収の効果が高そうです。

 また、これまではテレサテンをPCの筐体の外側に設置していましたが、これでは電磁波がテレサテンに届く前に、筐体の側板で内側に反射してPCの自己汚染をまねいてしまいます。そこで、テレサテンとFMシートで筐体の内側に電磁波の吸収層を設けて、電磁波の内部への反射や外部への放射を防止してみることにしました。

 FMシートはテレサテンの外側に貼って2重の電磁波の吸収層となるようにしました。正面と後ろ、上と下の筐体の面にはFMシートをそれぞれの面の大きさに合わせてカットし、貼り付けました(端子を接続するスペース、級排気口は除きました)。

f:id:hkatahkata:20140506174708j:plain

側板を外したところ。この裏にマザーボードがあります。

f:id:hkatahkata:20140508222641j:plain

追加処置です。CPUの裏側を中心に、手持ちのQシートテープ、大黒アゲハの残りを全て貼ってみました(細切れw)

f:id:hkatahkata:20140508220520j:plain

その上にテレサテンを多い被せ、

f:id:hkatahkata:20140506175608j:plain

さらにFMシートを被せました。(追加処置でFMシートを2枚にしてみました)

f:id:hkatahkata:20140508220054j:plain

反対側の側板です。FMシートを先に貼り、その上にテレサテンを貼って、テレサテンがPCの内部側になるようにしました。(こちら側もFMシートを2枚にしました)

 処置を終えて音を出してみると、これです!この音です!!。詰まって出てこなかった音が、伸びやかに出てきましたw。なんとも気持ちの良い音ですw。思わず聴き惚れてしまいましたw。PCのノイズ対策の処置が当たりましたw。

 「雲泥2」のレビューのはずが、PCのノイズ対策の紹介になりかけていますがw、音質はシステムの全ての機器やケーブルの影響を受けますので、システムの中にボトルネックがあると、いくら「雲泥2」や「大地」「櫓」によってSPが良い音で鳴る状態になっていてもボトルネック(PC)のレベルに引き下げられてしまいます。気持ち良くないと感じていた原因はPCだったのです。SPが正しく鳴る環境を整えたことで、これまで気にならなかった最上流のPCの音質の悪さが浮き彫りになったのでした。

 このブログはPCオーディオの構築記録なのに主役のPCに最近注目していませんでした。今回の経験で、やはり音源の最上流であるPCを弄ると音質が大きく変わることを痛感しました。

 PCのノイズ対策を再度行った上での「雲泥2」「大地」「櫓」トリオの音質の評価ですが、「心地よい音」としか表現のしようがありません。音が澄み渡り、音場に深みがあり、SPの位置を遥かに越えて音場が広がります。定位や分解能といった評価では表現しきれません。録音スタジオやライブ会場の音の響き・広がりそのものが聴こえて来ます。アタック感や音の艶が増し、一音一音の響きの美しさにゾクゾクしますw。パーカッションの皮の乾いた感じが良く出ています。全ての楽器の音の質感が大幅に向上しているので、とても書き切れませんw。大音量にしてもボーカルの音像が膨らまず、小音量でも音がその魅力を失わないのです。

 そして、これまではリスニングポジションに居なければ音が美しく聴こえなかったのですが、部屋のどこにいても音が美しく感じます。Ge3のいう「雲雀」の音とはこのことかと思いました。(これまでは「烏」の音だった訳ですw)

 といっても、SPにはまだ音質的に余裕があって、PCの音質がさらに向上すれば、もっと良く鳴るのかもしれません。ちょっとPCを集中的に弄ってみますw。MACにすれば?という声が聞こえてきそうですが、ダメな子を弄って音質が向上する過程が楽しいので、もうしばらくこのPCで遊んでみますw。(防人とトルネード1行きますw)

*追加処置をしたら、さらに音質・画質とも向上しましたw。これは弄りがいがありますw。CPUの裏側にQシートテープと大黒アゲハ!。このコンビはやはり効きますw。

f:id:hkatahkata:20140506210402j:plain

現在のシステム全体の状況。大地や櫓は意外と見栄がします。本棚片付けましたw。

 途中までは、この記事まとまるのかと心配しましたがw、なんとかなったようです。(なっていませんw。途中からテーマが増えたのでグダグダの内容になってしまいましたw。乱文とはまさにこのことw)

 当初は「雲泥2」「櫓」『大地」の音質の良さをご紹介したかっただけなのですが、やはりシステム全体の弱点排除が必要という内容になってしまいましたw。

 ともあれ、「雲泥2」「櫓」『大地」のトリオ、スゴイ効果ですよw。ぜひお試しあれ。それと、テレサテンはPCの内部に設置しましょうw。より効果的ですw。

(PCを弄ったためか、モニターの画質も劇的に向上しました。画像が鮮やかでシャープ!認識できる情報も大幅に増えましたw。追加処置をしたら、動作も早くなった!)