読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCオーディオな日々

オーディオ初心者のPCオーディオの構築記録と日々の雑感

摩訶不思議期 6

Ge3チューン

雷智(イカズチ)5ブレーカ

Ge3の製品には電源のノイズ対策、クリーン対策のパーツが何種類かあるのですが、今回はその中でも本命中の本命「雷智5ブレーカ」のご紹介です。

前回の記事で「雷智(イカズチ)3・F」のレビューをUPしましたが、そのパワーUPバージョンがこの「雷智5ブレーカ」です。

雷智5ブレーカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 「雷智5ブレーカ」は分電盤用に特化されたアイテムで、写真の通り3個で1セットとなります。内部にはそれぞれ「雷智」が5個内蔵されており、1セットで合計15個の「雷智」があることになります。そして、この1セットでなんと「雷智3・F」の28倍のノイズ取りのパワーがあるそうです。(訂正しました。5倍どころじゃなかったw)

施工例2
 分電盤のケースの上から3個並べて貼り付けます。3個並べて用いることでパワーが集中し効果がさらに高まります。
 
 以下が「雷智5ブレーカ」を分電盤に取り付けたときの感想です。 
 
 「他の人からも報告が上がっていますが、雷智5ブレーカを分電盤に設置した直後は、特に音質の変化は感じませんでした。「雷智3・F」を分電盤に入る前の電源ケーブルに巻いていますので、もうノイズが残っていないのかな?とその時は思いました。
 ですが、翌日帰宅すると大きな変化が現れていました。たまたま最初にかかった曲が Waltz For Debby (Take 2)だったのですが、「あれ?この曲のウッドベースってこんなにリアルだったかな?」というのが第一印象です。
 私の使用しているB&w805Dは、あまりJAZZ向きのSPではないため、これまでウッドベースの弦の振るえはこれまであまり感じることができませんでした。それなのに、弦が空気を振るわせている感じがハッキリとが分かるのです。
 これは!と思い、集中して音質の変化を確認してみると、全体的に音像が前に出てくるようになり、音場の立体感や奥行きも増しています。特に各音像の密度が高まっています。中身が詰まった感じとでもいうのでしょうか。ライブ音源の曲では、ステージが目の前にあるように広がります。ボーカルもいままではせいぜいお面程度の立体感だったのが、歌い手の頭の立体感まで感じられます。(まだ目のくぼみまでは分かりませんw)
 情報量も増しているとは感じますが、変化の中で際立っていたのが、音の密度・厚み・立体感・生々しさ、でした
 情報量の変化は、モニターの画質の変化で確認できました。これまで見えなかった細部の画像が見えます。大黒アゲハの物量作戦をやったばかりでしたので、まだノイズに埋もれていた情報があったのか、と驚きました。
 音質や画像の変化はいままで述べてきた通りですが、雷智5ブレーカの効果は、ある程度時間の経過が必要な感じですので、今後更に効果が向上するのではないかと期待しているところです。
 その他では、家電製品の使用感に大きな変化が生じました。寝るときに布団の足元に入れている小さなサイズのホットカーペットが、暖かい、というか、とにかくよく温まる。(温度は変わっていないはずなのに)お風呂(灯油給湯器式です)も同じく体が良く温まって心地よい。音質の変化と同様に、エネルギー密度が増した、という感じです。
 「雷智3・F」がV8 6000ccでしたら、雷智5ブレーカはV12気筒のF1のエンジンでしょうかw。
 電源のノイズ取り・質の向上は、全ての基本ですので、雷智5ブレーカはGe3製品の中でも一番最初に取り入れるべき優秀なアクセサリーだと思います」
 
 と、こんな感想でしたがw、とにかくものすごい効果です!。家中の電気の質そのものが変わります。冬の晴れた日でも雨の日の音質になります!(これ、とんでもないことです)。
 この意味を理解していただくには、体験していただくしかありません。(でも2割の人しか分からないそうですが。この劇的な変化が分からない?ホントに?)
 
分かる2割の方は、すぐに導入してくださいw。