PCオーディオな日々

高級品を買い揃えるお金が無いので、チューンアイテムでなんとかしようと企んだところ、そこは摩訶不思議な世界だったのですw。

摩訶不思議期 1

いきなりですが、摩訶不思議期に入りますw。

 

その日、いつもの通り音質向上ネタをネットで探していると、SPのエッジにクレポリメイトを塗布すると、エッジが軟化してSPのコーンの動きがスムーズになることで音質が向上する、という情報を見つけました。(後でよく読んでみると、ダイヤトーンの特定のSPエッジに限る話でしたw)

 

これはすぐに試してみなければと、ホームセンターでクレポリメイトを購入し、絵筆でSPエッジに塗布してみました。期待しながら音を出してみると、

激劣化してました!!・・・(泣き)

 

繊細な高音も、艶も、包み込まれ感もすべて消えています・・・もう、目の前が暗くなりましたw(笑い事じゃない)。ポリメイトがSPエッジに幕を張り、コーンの微細な動きを阻害しているようです。

 

その日は、すでにポリメイトのシリコーン成分がエッジに染み込んでしまって回復不可能かと思い、ふてくされて寝てしまいましたが、翌朝ポリメイトが水性であることを知って、水で拭いてみると多少音質が元に戻ってきました。(以前、アンチスタHを塗布してあったので、それが塗膜となって染み込みを防いでくれたのかもしれません)
 

その後、中性洗剤でエッジを洗浄したところ、かなり効果がありまして、大体元の音質に戻すことができました。それでも僅かに違和感が残っているので、ポリメイトの主成分であるシリコーンを落とす方法を探しました。

 

「シリコンオフ」という製品がシリコーンを落とす効果が高いとのネットでの評判を知り、麺棒に染み込ませて恐る恐る吹いたところ・・・

 

(やはり、正しく使いましょうw。イオン化の際の汚れ落しには便利ですw)

 

音質向上しましたw。

 

中高音の透明感と切れが増し、金属音がよりリアルに、ボーカルの音像がきゅっと締まり空間に浮かんでいます。おそらく、SPエッジが柔らかくなったのだと思います。

 

しかし、その音質向上効果は数時間ほどで消えてしまいました。シリコンオフの主成分であるイソプロピルアルコールは揮発性ですので、時間の経過と共に蒸発してしまうのです。又、イソプロピルアルコールは強い溶剤ですので、SPエッジの劣化も心配です。

 

結論的には、クレポリメイトをSPエッジに塗ることはやめましょうw。えらいことになりますw。

 

SPエッジが柔らかくなると、SPのコーンが動きやすくなり、音質向上効果が確認できるのですが、メーカーでチューニングしたバランスを壊している感もあります。

 

シリコンオフの塗布も止めておいた方が無難です。それでもシリコンオフのおかげで音質はなんとか元に戻りました。あやうく805Dが人柱になるところでした(思い出すとぞっとしますw)

 

しかし、そんなアホな試行錯誤をやっている過程で、またしても見つけてしまったのです。摩訶不思議な世界をw。